MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

エリオット波動の見つけ方・手法について分かりやすく解説【3波と5波が重要】

  • URLをコピーしました!

エリオット波動について知りたいな。知っていると稼げるのかな?

エリオット波動とは、【5波で推進し、3波動で修正する】という理論のことを言います。

  • 今の価格が波動のどの位置にいるのか
  • 今後どの方向に動く可能性が高いのか
  • どの地点まで動くか

エリオット波動を学ぶことによって、上記の3つが分かるようになります。

トレードで稼ぎたいなら、エリオット波動を1度は学ぶべき必須の理論です。

この記事では、エリオット波動の考え方・使い方・注意点について詳しく解説していきます。

以下の記事では、エリオット波動の上昇局面を紹介していますが、下落局面でも使うことが可能です。下落局面は上昇局面の逆を考えてください。

エリオット波動の分析におすすめ!FX会社【3選】
目次

FXのエリオット波動とは

<img src=

エリオット波動とは、1930年代にアメリカのラルフ・ネルソン・エリオットが提唱した理論です。

相場は、上昇も下落も『5波で推進し、3波動で修正する』という理論で、相場は『フラクタル構造』なので、大きな相場の中には、小さな同じエリオット波動を形成していると考えています。

エリオット波動を使うことにより、相場の流れ・利確目標などが明確になります。

エリオット波動は【ローソク足】が適している

エリオット波動をカウントするならば、ローソク足がもっとも優れています。

なぜならば、ヒゲ・実体で相場の終わり・始まりが分かりやすいからです。

また、ライントレードのように、高値・安値を無視せずに、正確に取引ができるようになります。

エリオット波動を使う【3つのメリット】

<img width=
  • 今の相場がどの波動の位置にいるか
  • 今後どの方向に動く可能性があるか
  • どのぐらいの値幅動くか

エリオット波動は、上記の3点が分かるというメリットがあります。

詳しく解説していきます。

今の相場がどの波動の位置にいるか分かる

波動を意識していると、今の相場がどの波動の位置にいるかが分かり、下手なポジションを取らなくなるメリットがあります。

例えば、『次が上昇の3波目だから、ロング(買い)でついていこう』などの戦略を立てることができます。

今後どの方向に動く可能性があるか分かる

エリオット波動を学ぶことにより、次の相場の動きが予想できるようになるメリットがあります。

例えば、『今は5波目だから、転換パターンがでたら、売りで入っていこう』などの、相場の値動きパターンからトレード戦略を練ることができるようになります、

どのぐらいの値幅動くか予想できる

エリオット波動を学ぶと、どのくらいの値幅動くか予想できるようになります。

例えば、1波目が10%の上昇・3波目が20%の上昇した場合・5波目は1波目と同じ10%上昇がメインシナリオになります。または、1波目の0.618倍or1.618倍がサブシナリオになります。

エリオット波動【3つのデメリット】

<img width=
  • 習得が難しい
  • 人によって引き方が変わる
  • 明確な売買の目安にはならない

エリオット波動のデメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

習得が難しい

エリオット波動の習得は、かなり難しいので、練習が必要になります。

まずは、過去チャートで、波動の形をラインで引けるようになるようにしましょう!

その次に、先が見えない状態で、今の相場がいる波動の位置を把握するようにしていきます。(難易度が一気に上がる)

リアルチャートで練習してもいいですが、とてつもなく時間がかかってしまします。なので、検証ソフトを使って習得を目指した方が効率がいいので、おすすめです。

エリオット波動のラインを迷わず引けるようになったら、実践で使うことがおすすめです。

おすすめの検証ソフト

検証ソフトは、【練習君プレミアム】がおすすめです。

なぜならば、MT4(無料)という、プロトレーダーも使っているチャートで過去チャートの検証ができるからです。

検証に必要な機能が揃っているにも関わらず、他の有名検証ソフトよりも値段も安く、バージョンアップも無料なので、お得です!

\ 返金保証あり /

人によって引き方が変わる

エリオット波動は、人によって引き方が変わることが多いです。

特に動いているチャート上では、個性が出てきます。

また、チャートが成熟してくるにつれて、エリオット波動の引き方を修正することも多いです。

明確な売買の目安にはならない

エリオット波動だけだと、「もうそろそろ修正派になりそうだな」という予測は立てることができても、明確な売買の目安にはなりません。

なので、エリオット波動が推奨しているダウ理論・フィボナッチの使い方も覚える必要があります。

エリオット波動【考え方】

<img width=

エリオット波動の基本的な考え方について、解説していきます。

5波動で推進し、3波動で修正する

<img width=

エリオット波動は、【5波動で推進し、3波動で修正する】という理論です。

5波動+3つの修正波で、1つの相場が終了します。

なので、エリオット波動では、今どこの階層にいるのかを見極めることにより、先の相場の値動きを予測することが可能になります。

アクション波・リアクション波の2つで構成されている

  • アクション波→1・3・5・A・C波
  • リアクション波→2・4・B波

エリオット波動の中には、一回り大きな波(トレンド)と同じ方向に動く【アクション波】・反対方向に動く【リアクション波】の2つの呼び方があります。

アクション波・リアクション波は、推進波・修正波とは少し違う定義になります。

フラクタル構造である

<img width=

↑の画像のように、5波動+3修正波の中には、小さな5波動+3修正波が存在しています。

また、全体的に見れば、大きな1波目・2波目の中の流れに過ぎないというフラクタル構造で、できています。

エリオット波動【見つけ方】

<img width=

エリオット波動のカウントは、大きな時間足からやりましょう!

なぜならば、相場はフラクタル構造だからです。

また、長期足の方が、全体の流れが読みやすいので、階層が分かりやすいというメリットがあります。

長期足の流れを確認し、その中の目立っている高値・安値で波動を区切ると見つけやすくなります。

それを、短期足に落としていくと、短期足のエリオット波動が読みやすくなります。

まずは、暫定でもいいので、1波目と2波目を見つけることが大切!

エリオット波動【使い方・手法】

<img width=

エリオット波動の使い方・手法を解説していきます。

【基本戦略】3波・5波・C波のN字を狙う

エリオット波動では、3波・5波・C波のN字を狙った順張りトレードがおすすめです。

N字を狙うことにより、値幅を狙うことが可能になります。

N字トレードについては、↓の記事で詳しく解説しています。

5波動終了後の修正波を狙うのもあり

5波動終了後の転換を狙ったトレードもおすすめです。

ダブルトップ・ダブルボトム・ヘッドアンドショルダーなどのチャートパターンを知っておくことで、相場の転換をいち早く知ることができます。

5波目は、1波目の長さを参考に転換点を探していくことも可能です。

エリオット波動【3つの注意点・デメリット】

<img src=
  • 第2波が第1波の安値を下回ることはない
  • 第3波が最も上昇することが多い
  • 第4波が第1波の高値を割り込むことはない

エリオット波動を使う際の注意点は、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

第2波が第1波の安値を下回ることはない

<img width=

エリオット波動の第2波は、1波の安値を割り込むことはありません。

なので、もし割り込んでしまった場合は、エリオット波動のカウントは終了になります。

第3波が最も上昇することが多い

<img width=

エリオット波動では、3波が最も上昇することが多いです。

なので、第5波が1波・3波よりも長い場合は、エリオット波動ではないので注意が必要です。

第4波が第1波の高値を割り込むことはない

<img width=

エリオット波動の4波が、1波の高値を割り込むことはありません。

もし割り込んでしまった場合は、エリオット波動のカウントを終了し、カウントの数え直しになります。

まとめ:エリオット波動を覚えると相場の予測ができるようになる

<img width=

エリオット波動は、【5波動で推進し、3波動で修正する】という理論です。

相場は、エリオット波動が繰り返し起きている、フラクタル構造になっています。

そのため、エリオット波動を覚えることにより、今後の相場の予測が容易になります。

ただ、エリオット波動だけを学んでも、勝てるようにならないので、注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる