MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。現在32歳です。趣味でリゾートバイトをして全国を巡りながらトレードをしている兼業トレーダーです。
FX会社ランキング
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

投資の本質【ダウ理論】とは?【ダウ理論の勝率の上げ方は欠点を知ること】

FX の勉強を始めて、いろんな解説やブログを読んでいるとダウ理論という⾔葉が出てきます。これって何?重要なの?知っていたら勝てるの?

トレードの勉強していると、【ダウ理論】は必ず出てくるワードですよね。

ダウ理論を知っていたら、トレードで勝てるかと言われると『勝てる』ようになります。

しかしながら、ダウ理論は必ず勝てるようになる聖杯ではないので、勉強・検証しなければ、勝てるようになりません。

この記事では、【ダウ理論】【ダウ理論の欠点】について詳しく解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
  1. GMOクリック証券
    ↳FX会社ランキング【No.1】・スキャルピングOK

  2. ↳取引ツールが使いやすい
  3. DMM.com証券
    ↳取引に応じてポイントが貯まる
目次

ダウ理論とは

<img width=

ダウ理論は、アメリカの「チャールズ・ダウ」が提唱した株の値動きに関する考え⽅です。

「株式の」記事を執筆していたジャーナリストであり、証券アナリストでもあるダウさんが、経験をもとに「これが重要!」とまとめたものです。

株価だけでなく、FX の通貨の値動きも同じ考え⽅が使われています。

FX を勉強する⼈にとって、ダウ理論は、チャートの値動きを理解するうえで、最も重要な考え⽅のひとつであるといわれていて広く世界に浸透しています。

このダウさん、かの有名な「ダウ・ジョーンズ」を設⽴したメンバーの⼀⼈でもあり、彼らが発⾏したニュースレターは、現在「ウォール・ストリート・ジャーナル」になっているそうです。このふたつのキーワード、FX を勉強している⼈なら絶対に聞いたことがありますよね。

【ダウ理論】6 つの基本法則は難しい

<img width=

ダウ理論は 【6つの基本法則】から構成されています。

しかし、最初に⾔ってしまうと、『FX 初⼼者には難しい』『意味わからない』と言われている理論です。

ダウ理論が難しいと言われている原因

もとは英語の説明が、⽇本に伝わるときに、専⾨家向けに難しい⽇本語で翻訳されてしまったことも悪かったのではないかと思います・・・。

「難しい」と前置きしたうえで、⽇本に伝わっている⼀般的な解説をそのまま書くと↓

1. 平均はすべての事象を織り込む
2. トレンドには 3 種類ある
3. 主要トレンドは 3 段階からなる
4. 平均は相互に確認されなければならない
5. トレンドは出来⾼でも確認されなければならない
6. トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまでは継続する

引用:ウィキペディア

⇑「平均」「トレンド」「出来⾼」「転換シグナル」など値動きに関する専⾨⽤語が並んでいますが、意味が分かりますか?

まずは、これらの意味を理解していないと、全体を理解するのも難しいことになります。

FX のトレードスタイルには、スキャルピング、デイトレード、スイング、⻑期といろいろありますが、ダウ理論を使ったトレードは、すべて⼀般的に⻑期トレードが多い「株式」が元になっています。

このため、FX の短期トレードがメインの⽅には、「そんなこと、トレード中に考えている暇はない!」2 や 3 など、あまりピンとこないものもあることは事実です。

また、 5 の「出来⾼」も、FX でそこまでしっかり⾒てトレードしている⼈は少ないです。

勝っている⼈たちは、ダウ理論をちゃんと理解しているの?

ダウ理論は、「チャートの値動きとは、こういうものである」と説明したものなので、トレードを何千回、何万回としている⼈たちは、それがダウ理論だと必ずしも意識していなくても、ひととおり理解はしています。

先にも述べましたが、私個⼈的にはこの 6 つの原則、FX 初⼼者のうちに無理してすべて理解する必要はないと考えています。

私⾃⾝も、覚えようと努⼒したわけではなく「いつの間にか理解してた」実感があります。

なので、今はチンプンカンプンだとしても⼤丈夫です!

FX の勉強は果てしなく続くものですが、それまでの理解度によって他のこともスッと理解できるときが来ます。

そのときに覚えれば OK です!

大切なのは、チャートの数を見ることです。

多くのプロトレーダーの方たちは、何千・何万のチャートを見てきています。

その中で、この形前も見たな、ここ上がりやすいな・下がりやすいな等、感覚で覚えているのも事実です。

トレードを何度も何度も検証して体で覚えていく方法が一番上達が早いです。

【今すぐトレードに使える】ダウ理論の重要な原則

<img width=

FX で勝っていくためには、ポジションを⽴てるときのエントリーのタイミングと、利益確定のタイミングを上⼿に⾒分けられるようになることが重要です!

その観点で、FX のどんなトレードスタイルにもぴったり当てはまる重要な原則といえば、【トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまでは継続する】です。

とりあえず、ダウ理論はこれだけ覚えとけばOKです。

【トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまでは継続する】とは

それでは、「トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまでは継続する」の意味をかみ砕いて説明してみたいと思います。

まず、上昇トレンドも下降トレンドも、⼩さく上がったり下がったりのジグザグを描きながら、⼀定の⽅向に向かって動いていきますよね。

明確な転換シグナルとは、向かっているトレンドの⽅向性が変わったかな?と思われる値動きになったときのことを指します。

例えば、上昇トレンドで、直近の⾼値を超えずに下がった。(高値切り下がり)下降トレンドの時は、直近の安値を超えずに上がった。(安値切り上がり)このような値動きになったら、それまでのトレンドは終わった可能性が高まります。なので、保有中のポジションの利益確定や、新規エントリーのタイミングであると判断できることになります。

上昇トレンドの「転換シグナル」とは、⾼値が更新していく値動きのリズムが崩れたときのことを言います。

つまり、6 の原則は、「値動きの規則性が崩れるまで、上昇または下降のトレンドは続きますよ」と⾔っているのです。

考えてみれば当たり前のことですよね!

同じことですが、上記の図を「下降トレンド」の場合でも確認しておきましょう。

下落トレンドの場合は、安値が更新していくリズムが崩れて【相場転換シグナル】が発生しています。

ダウ理論の欠点を知ることで勝率が上がる!

<img width=

ダウ理論に従えば、常に勝つことができるのかな?
ダウ理論には、欠点はないの?

「トレーダーなら知っておくべき」といわれるダウ理論。

でも、『知っている⼈は全員必ず勝っているの?』といえば、そうではありません。

「勝てる」と⾔われている FX ⼿法や理論はたくさんありますが、その理解度は各々のトレーダー次第、売買の判断も個⼈次第。

だから、それを編み出した本⼈以外は、なかなか勝てるようになりません!

ダウ理論をトレードに活⽤する場合にも、同じことが⾔えると思います。

ダウ理論【5つの欠点】
  • 教科書通りのパターンに、なかなかならない
  • チャートは人間の心理を表したもの
  • 短期足だとシグナルが分かりづらい
  • ロスカットが遠くなる可能性がある(長期トレードの場合)
  • 転換シグナル確定までが遅い

教科書どおりのパターンに、なかなかならない!

ダウ理論は⼿法ではなく、チャートを読み解くための要点を表したものです。

しかし、例えば「転換シグナル」を⾒つけようとしても、実際に動いているチャートを⾒ながら、リアルタイムで判断するのはなかなか難しいです!

<img width=


例えば、上記、縦のグレーの点線の右側が⾒えていない時点では、「転換シグナル来たかも!」って思っちゃいますよね。

特に初⼼者のうちは、「きっとこれが転換シグナルだ!よし!」と張り切ってエントリーして、結局損切りになった…という結果になることが⼤半です。

⼀般的な教科書どおりの「転換シグナル」とは、⾼値だけでなく安値も切り下がったときです。

しかしながら、実際は、上記のチャートのように「安値はすぐには切り下がらなかったり」「もう 1 回⾼値を切り下げてから次の上昇で最⾼値になったり」となかなか教科書どおりの動きにはなりません。

チャートは、⼈間の⾏動⼼理を表したもの

チャートの値動きは、トレーダーの⼈間的な感情の波を表したものであるとも⾔われています。

⼈の⾏動は⾃由気ままだし、世界中のトレーダー全員がチャートに従ってトレードしているわけでもありませんよね。

また、コンピュータによる⾃動売買も多くなっていますので、⼈と機械の判断がごちゃまぜになって、チャートが形成されていることになります。

ダウ理論の基本原則「平均はすべての事象を織り込む」とあります。分かりやすい例が、最近ちょうど出ています。世界各国のコロナウイルス関連ニュースが発表されるたびに、株価も為替も短期間で乱⾼下していますよね。ニュースが⼈の判断を左右し、さまざまな事象となり、その平均がチャートに織り込まれているのです。

短期⾜だけではシグナルが分かりづらい

ダウ理論は、短期⾜より⻑期⾜の⽅が当てはまりやすいと⾔われています。

これは、もともとは株の値動きを表した理論で、株式のポジションは数か⽉〜数年単位の⻑期で保有されることが多いことからもきています。

よく短期トレードも、⻑期⾜のトレンドの⽅向を意識した順張りにした⽅が勝ちやすいと⾔われますが、⽇⾜の⼤局が上昇トレンドのときでも、5 分⾜〜1 時間では下降トレンドに⾒えることもあります。

ダウ理論を使う時は、短期⾜だけで分析しても、転換シグナルの場所が分かりづらいです。

⻑期トレードはロスカットが遠くなる可能性がある

【ダウ理論は短期トレードには向かない】ので、⻑期トレードに転換したとすると、ターゲットの値幅が変わります。

期間が⻑い分、値幅も⼤きくなります。

勝つ分にはいいことなのですが…。

ロスカットポイントの設定を、直近の⾼値や安値を⽬安にすることを考えても、5 分⾜の直近⾼/安値と⽇⾜の直近⾼/安値では、値幅が⼤きく異なります。

実際にロスカットされてしまうと、失う⾦額も⼤きいです!

なので、ポジション数を調整するなど、残⾼(証拠⾦)不⾜で強制ロスカットになったりしないように、注意が必要です!

転換シグナル確定までが遅い

先のチャートを元に、「明確な転換シグナルとは?」「勝率が⾼い売り注⽂を出すとしたら、いつ?」と考えてみましょう。

答えは、⾼値が切り下がったあとに、「安値も切り下がり、再度上昇して、下がり始めたら」となりますが、果たしてここまで、エントリーや利益確定を待てるでしょうか?

<img width=

「待ちすぎると儲けが減る」「損が増える」などなど考えてしまい、ここまで待たずに⾏動を起こしてしてしまうが、普通の(まだ勝てない)トレーダーです!

そして、待てたときに限って、こんなキレイな形にはならず、「また、教科書どおりじゃない!」「タイミングも逃してしまった…。」など、相場はホント難しいです。

ダウ理論の欠点を補うための対策【他の手法と組み合わせる】

<img width=

ダウ理論がいくら有名だとしても、【欠点】はあります。

そして、チャートの値動きはニュースにすぐ影響される、⼈の⼼同様に⾃由気ままに動いています。

そんなチャートに、この⼀つの理論だけを当てはめて、トレードすることはおすすめできません。

どんな理論/よい⼿法にも必ず⽋点があります。

欠点を補う対策は、その理論・手法の得意な場面・欠点を理解していくことしかありません。

ダウ理論と相性がいい手法は、↓の記事が参考になります。

まとめ:ダウ理論を学べば相場の本質が分かる!

<img width=
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
  • 転換シグナルとは、それまでの規則性が崩れた時のこと

【ダウ理論】は、上記の2つを押さえておけばOKです!

特に、高値切り下げ・安値切り上げの転換シグナルは、ダウ理論を意識していない方でも必ず意識していることなので、これは必ず覚えておきましょう!

ダウ理論は、FX のチャートを分析してトレードを⾏うにあたり「値動きとはこういうもの、だからこうしよう」と判断するために役⽴つ考え⽅です。

この理論を完璧に理解したとしても、そこから急に勝てるように変わるものではありませんが、知っていれば、⽇々のトレードで冷静な、的確な判断を⾏うことができる助けの1つとなります。

完璧ではないダウ理論の欠点を補う対策として、他の手法と組み合わせる事がおすすめです。

ダウ理論と移動平均線を組み合わせてトレードしている人は多いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる