MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FX初心者におすすめ!最強のトレンド系インジケーターランキング【TOP3】を紹介

  • URLをコピーしました!

FXのインジケーターは、たくさんありすぎて、初心者は、どれを使えばいいのか分からないな。特徴とか知りたいな。

FXでは、数十種類のインジケーターがあるので、どれを使えばよいか悩んでいる方は多いですよね。

インジケーターには、大きく分けて【3種類】の形のインジケーターがあります。

しかしながら、どのインジケーターを使っても、得意・不得意などが存在するため、絶対に稼げるインジケーターというものは「存在しない」ということは知っておかなければいけません。

そのため、特に初心者の方は、判断材料が簡単でシンプルなインジケーターを選ぶことをオススメします。

この記事では、各インジケーターの特徴・初心者でも使いやすいインジケーターを紹介します。

おすすめインジケーター【3選】
目次

トレンド系インジケーターとは

<img decoding=

トレンド系インジケーターとは、過去の値動きを、独自の計算方法でチャート上に表示したものです。

過去の値動きから、今後の相場の全体的な流れを掴むのに適しています。

トレンド系インジケーターのメリット

  • これからの相場の方向を予想できる
  • レジスタンス・サポートラインが分かる
  • 売買タイミングが分かりやすい

トレンド系インジケーターを使うメリットは、上記の通りです。

ローソク足の形だけでは、判断することが難しいので、1つ表示させることにより、相場の流れを判断しやすくなります。

トレンド系インジケーターのデメリット

  • 相場の転換点がわかりづらい
  • ダマシも存在する

トレンド系インジケーターのデメリットは、上記の通りです。

チャート上に表示させると、『必ず勝てる』と思っている人もいますが、そのようなインジケーターは存在しません。

デメリットを補うために、オシレーターを使っている人も多いです。

FXのトレンド系インジケーター【特徴・選び方】

<img decoding=
  • 移動平均線系
  • ボリンジャーバンド系
  • 一目均衡表系

一般的なトレンド系インジケーターは、大きく分けて、上記の3つの形に分類されます。

詳しく解説していきます。

移動平均線系

移動平均線の種類特徴デメリット
単純移動平均線(SMA)一定期間の平均線線の動きが遅いため、相場の初動をとらえにくい
指数平滑移動平均線(EMA)過去よりも、直近の値動きに比重を置いているため、反応が早い直近の値動きに大きく反応するので、ダマシが多くなる
加重移動平均線(WMA)一定期間の価格の比重を直近に向けて重くするので緩やかな相場に強い急激な値動きに弱い

移動平均線は、主に上記の3つが使われています。

一般的に移動平均線と言うと【SMA】のことを言います。

指数平滑移動平均線を、12本使ったGMMAというインジケーターもあります↓

ボリンジャーバンド系

スクロールできます
線の種類特徴
ボリンジャーバンド・真ん中に移動平均線
・上下に1~3本の標準偏差からなる線
線の数が少ないので、一定のルールに従いシンプルに取引ができます。
スーパーボリンジャー・ 真ん中に移動平均線
・上下に3本の標準偏差からなる線
・遅行スパン
遅行スパンがあるので、ボリンジャーバンドよりもトレンド判断がしやすくダマシが少ない傾向があります。しかしながら、遅行スパンは、レンジ相場には機能しないという弱点があります。
エンベロープ移動平均線との乖離率を上下に線で表示したものエンベロープは、「移動平均線と価格が乖離すると移動平均線に戻る性質がある」ことに注目して作られたインジケーターです。

ボリンジャーバンド系のインジケーターは、上記の3つです。

一目均衡表系

スクロールできます
線の本数特徴
一目均衡表5本将来の値動きの予測を重視:長期トレード向き
スパンモデル3本現在の相場を重視:短期トレード向き

一目均衡表系のインジケーターは、上記の通りです。

その他のインジケーター

線の特徴特徴
HLバンド過去の一定期間の高値(High)・安値(Low)を上下に表示しているトレンドフォロー向き
パラボリック上・下にSARを表示して相場の流れ・転換点を表すトレンドフォロー
逆張り

その他のインジケーターは、上記の通りです。

【補足】補助インジケーターもおすすめ

トレンド系インジケーターと一緒に、ピボットなどのサポート・レジスタンスラインが分かる、補助的なインジケーターも相性がいいので、入れても邪魔になりません。

初心者におすすめ!トレンド系インジケーターランキング【TOP3】

<img decoding=
  1. 移動平均線
  2. ボリンジャーバンド
  3. 一目均衡表

初心者にオススメのトレンド系インジケーターは、『王道』とも言われる上記の3つがおすすめです。

複雑なインジケーターの方が稼げそうなイメージがありますが、複雑になればなるほど、判断基準が難しくトレード機会が少なくなってしまいます。

また、自分のトレードの見直しが非常に難しくなるので、初心者にはおすすめできません。

稼いでいるトレーダーの方になればなるほど、移動平均線など、シンプルなインジケーターを使っています。

有名インジケーターになればなるほど、本・ネットで使い方などの情報が豊富にあるというメリットもあります。

トレンド系インジケーターを使う時の注意点

<img decoding=
  • ダマシも存在する
  • 勝率は3~5割ぐらい
  • 長期足の流れを考える

トレンド系インジケーターを使う時の注意点は、上記の3つです。

詳しく解説していきます。

ダマシも存在する

どのトレンド系インジケーターにも、ダマシも存在します。

例えば、移動平均線が【パーフェクトオーダー】だからと言って、一方的に価格が動くということはありません。

上がる・下がる確率が上がるだけなので、過信をしないように注意しましょう!

勝率は3~5割ぐらい

どんなに凄いと言われる「トレンド系インジケーター」でも、勝率は【3~5割】ぐらいです。

よくTwitterなどで、『勝率90%以上のインジケーター売ります!』などのことを言っている人がいますが、100%詐欺なので注意しましょう。

長期足の流れを考える

トレンド系インジケーターを使う際には、自分がトレードする時間足よりも、長期足の流れを考えるようにしましょう!

なぜならば、短期足は最終的に長期足の流れに従う性質があるので、短期的なダマシに引っかかる確率が減り、勝率が上がるからです。

また、長期足の流れを見ながら、短期の逆張りを仕掛けていくことにより、値幅が狙えるようになります。

まとめ:シンプルなトレンド系インジケーターを選ぶべし!

<img decoding=
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

トレンド系インジケーターの選び方に迷ったら上記の3つがおすすめです。

トレードの振り返りが大変だったり・トレード機会の損失などがあるため、最初は、なるべくシンプルなインジケーターにしましょう!

インジケーターの形も大切ですが、ローソク足の形も一緒に考えると勝率が上がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次