MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXの指数平滑移動平均線(EMA)の設定値・おすすめ手法を解説【EMAだけで勝てる】

  • URLをコピーしました!

指数平滑移動平均線は、どういうインジケーターなんだろう?おすすめの設定値・手法を知りたいな。

指数平滑移動平均線(EMA)は、設定値を平等に扱った平均線ではなく、直近の値動きを重視しているため、値動きに柔軟に対応することができます。

そのため、単純移動平均線(SMA)よりも直近の値動きに反応するため、トレンドの初動を早くとらえることができます。

この記事では、指数平滑移動平均線(EMA)の設定値・使い方を詳しく解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
目次

指数平滑移動平均線(EMA)とは

<img width=

指数平滑移動平均線(EMA)とは、過去の値動きを【軽視】して、直近の値動きを【重視】する平均線です。

単純移動平均線よりも、早く反応するため、相場転換ポイントを、いち早く察知することが可能です。

仮想通貨・株などの取引にも使える

指数平滑移動平均線(EMA)は、単純移動平均線(SMA)と並びメジャーなインジケーターなので、仮想通貨・株などの取引にも使うことが可能です。

FXと同じような考え方で、取引をすることができます。

移動平均線なので、最近できたばかりの仮想通貨に対応できない場合があります。(日数不足のため)

SMA・WMAとの違い一覧

移動平均線の種類特徴デメリット
単純移動平均線(SMA)一定期間の平均線線の動きが遅いため、相場の初動をとらえにくい
指数平滑移動平均線(EMA)過去よりも、直近の値動きに比重を置いているため、反応が早い直近の値動きに大きく反応するので、ダマシが多くなる
加重移動平均線(WMA)一定期間の価格の比重を直近に向けて重くするので緩やかな相場に強い急激な値動きに弱い

SMA・WMAとの違いは、上記の通りです。

一般的な移動平均線は、SMAのことを言います。WMAはFX会社によっては、搭載していない所があります。

EMAと移動平均線(SMA)の違い

指数平滑移動平均線(EMA)は、移動平均線(SMA)と比べて、早く値動きに反応することが特徴です。

↑EMA
↑SMA

上記のチャートの形のように、移動平均線の動きが早いです。

そのため、移動平均線の「相場の初動をとらえることが難しい」という弱点を緩和することができます。

移動平均線については、↓の記事に詳しくまとめています。

指数平滑移動平均線(EMA)【おすすめ設定値】

<img width=

指数平滑移動平均線の設定値は、単純移動平均線の昔からの基準値である【7=1週間】【25=1ヶ月】【75=3ヶ月】を使っている人が多いです。

しかしながら、1週間は5日しか取引ができないなどのズレが生じる可能性があります。

そのため、現代では【5=1週間】【20=5×4週間=1ヶ月】【60=20×3ヶ月】の方がおすすめです。

1年平均である【200EMA】【300EMA】などの長期EMAを表示させることもおすすめです。

指数平滑移動平均線(EMA) 【おすすめ使い方・手法】

<img width=
  • 向き
  • 順番
  • 角度
  • 移動平均線のぶつかり
  • 移動平均線の切り上げ・切り下げ

指数平滑移動平均線(EMA)の使い方は、上記の判断基準を設けます。

詳しく解説していきます。

向き

<img width=
  • 上向き=上昇トレンド
  • 下向き=下降トレンド

移動平均線の向きで、トレンドが分かります。

短期よりも長期移動平均線を見た方が全体の流れが分かりやすいです。

向きに逆らわないように取引することにより、勝率は上がります。

順番

<img width=
  • 上から短期線・中期線・長期戦⇒強い上昇相場
  • 上から長期戦・中期線・短期線⇒強い下落相場

移動平均線の順番は、上記のように順番通りになればなるほど、相場の強さを表します。

逆に、上から中期線・短期線・長期線のように、順番がめちゃくちゃな場合は、相場が悩んでいます。

移動平均線の順番が完璧な状態を【パーフェクトオーダー】と言います。

線が密集しているとパワーを貯めている

<img width=

短期線・中期線・長期線が密集すればするほど、その後の動きは大きく動きます。

線が密集すると、相場の悩みを現わし、パワーを貯めていますが、どちらかに抜けた瞬間一気にボラティリティが上昇します。

角度

<img width=
  • 角度が急⇒強い相場
  • 角度が緩やか⇒弱い相場

指数平滑移動平均線の角度の見方は上記の通りです。

角度によって相場の強さが分かります。

移動平均線のぶつかり

<img width=
  • 短期線が中期線を下から上に貫く⇒ゴールデンクロス= 買い目線
  • 短期線が中期線を上から下に貫く⇒デッドクロス=売り目線

移動平均線のぶつかりも相場の流れを読むのに重要な点です。

また、移動平均線がぶつかりそうだったけど、反発した場合は、さらに大きく相場が動くことが多いです。

移動平均線の切り上げ・切り下げ

ローソク足と同じように、移動平均線の切り上げ・切り下げ・高値更新・安値更新も観察します。

そうすることにより、相場の強さや弱くなっているなどが分かるようになります。

また、一緒にチャートの天井・大底の形を知っておくと、勝率は上がります。

MT4でEMAを使う場合の設定方法

<img width=

MT4でEMAを使う場合の設定方法を、画像を使って解説していきます。

MT4には、デフォルトでEMAのインジケーターが入っています。

<img width=
<img width=
  1. MT4のインジケーターをクリック
  2. トレンドをクリック
  3. Moving Averageを選択
<img width=

EMAを使いたい場合は、移動平均の種別を【Exponential】に変更します。

EMAの好きな設定値を選択します。

【ダマシに注意】損切りポイントは取引前に決めておくべき

<img width=

指数平滑移動平均線(EMA)は、単純移動平均線(SMA)よりも直近の値動きに敏感に反応するため、相場の初動をとらえやすいというメリットがあります。

しかしながら、直近の値動きに敏感に反応すると、単純移動平均線よりもダマシに引っかかる可能性が高くなります。

ダマシ回避方法

指数平滑移動平均線(EMA)のダマシに引っかかる可能性を低くするためには、長期足の流れを考えながら取引をする必要があります。

例えば、長期足の流れが上昇トレンドだった場合、短期足で大きな下落は狙わず、上昇を狙っていくと勝率は上がります。

後は、各通貨の特徴を知るために、を使って検証を繰り返すと、ダマシを回避できて、さらに勝率は上がります。

まとめ: 指数平滑移動平均線(EMA) だけで勝つことも可能

<img width=

指数平滑移動平均線(EMA)とは、過去の値動きを【軽視】して、直近の値動きを【重視】する平均線です。

そのため、単純移動平均線(SMA)よりも早く相場の初動をとらえやすいというメリットがあります。

プロトレーダーの方で、【指数平滑移動平均線(EMA)】だけで勝っている人もいるので、インジケーターは、【EMA】1つだけでも問題ありません。

しかしながら、初心者の方は、補助的なインジケーターとして、オシレーターを入れることもおすすめです。

指数平滑移動平均線以外のインジケーターを知りたい方は、↓の記事が参考になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる