MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXでライントレードは難しい?ライントレードの引き方・最強の手法・注意点を解説!

  • URLをコピーしました!

ライントレードとは、どういう手法なんだろう?FX初心者でも使うことができるのかな?

ライントレードとは、チャートに横や斜めの線を引き、チャート分析をするトレード方法です。

ラインを引くことにより、相場の流れ・抵抗が分かるようになるので、多くのトレーダーが使っています。

また、非常にシンプルな手法なのに、チャートの流れ読めるようになるので、FX初心者の方は、まずはライントレードから入った方がトレードの上達が速くなります。

この記事では、ライントレードの使い方・注意点を詳しく解説しています。

ライントレードにおすすめ!FX会社【3選】
目次

ライントレードとは

<img width=

ライントレードとは、チャートに横や斜めの線を引き、チャート分析をするトレード方法です。

ラインを引くことにより、相場の流れ・抵抗が分かるようになるので、多くのトレーダーが使っています。

特に初心者の方は、シンプルな手法で、ラインを引くことにより、チャートが読めるようになるのでおすすめです。

インジケーターと組み合わせることもできる

ライントレードのみで取引することもできますが、移動平均線・ボリンジャーバンドなどのインジケーターを一緒に使っても邪魔になりません。

なので、多くのトレーダーはインジケーターと組み合わせてトレード戦略を練っています。

ライントレードで使える【3つのライン】

<img width=
  • 水平線
  • トレンドライン
  • 平行チャネル

ライントレードでは、上記の3つのラインがおすすめです。

水平線

<img width=

水平線とは、直近の高値・安値など抵抗が強い場所に真横の線を引いたものを言います。

水平線を引くことにより、これからの値動きの抵抗帯(価格が止まるor反発する場所)が分かるようになります。

また、水平線を基準に利食い・損切りポイントとして使うこともできます。

水平線の使い方については、↓の記事に詳しくまとめています。

トレンドライン

<img width=

FXのトレンドラインとは、相場の高値や安値を結んで、斜めの線を引くことにより、上昇圧力が強い(上昇トレンド)・下落圧力が強い(下落トレンド)を視覚的に分かりやすくするものです。

トレンドラインの使い方については、↓の記事に詳しくまとめています。

平行チャネル

<img width=

平行チャネルとは、トレンドの上下に平行線を引くことにより、トレンドの勢い・幅を分かりやすくするテクニカル分析です。

トレンドラインと似ていますが、平行線を引くことにより、相場のボラティリティが分かるので、トレンド中の安値・高値を視覚で判断できるようになります。

平行チャネルの使い方については、↓の記事に詳しくまとめています。

FXでライントレードを使う【3つのメリット】

<img width=
  • 相場の流れが読めるようになる
  • シンプルなので戦略が立てやすい
  • どのFX会社でも同じトレード環境が得られる

FXでライントレードを使うメリットは、上記の通りです。

詳しく解説しています。

相場の流れが読めるようになる

  • ラインの向き→相場の方向が分かる
  • ラインの角度→相場の強さが分かる
  • 抵抗が強い場所が分かる→相場が止まる場所が分かる

ライントレードをすることにより、上記のような相場の流れが読めるようになります。

そのため、このラインを目印に、エントリーポイント・損切りポイントを考えることができます。

シンプルなので戦略が立てやすい

  • ラインでの反発を見てエントリー
  • ラインを抜いたら損切り
  • ラインを抜いたら戻り(リターンムーブ)をみて抜いた方向にエントリー

ライントレードは、上記のように非常にシンプルな手法なので、戦略が立てやすいです。

そのため、初心者でもトレード戦略が立てやすく、失敗が少ないです。

どのFX会社でも同じトレード環境が得られる

水平線やトレンドラインは、どのFX会社にも搭載されていて、線を引くだけなので、世界中のトレーダーもほとんど同じ線を見ることになります。

そのため、特別なインジケーターや設定は必要がなく、初心者でもちゃんと線を引ければ、プロトレーダーと同じチャート・トレード環境で取引ができるというメリットがあります。

FXでライントレードを使う【3つのデメリット】

<img width=
  • ラインを引く練習をしなければいけない
  • 通貨によって線の引き方を変えないといけない
  • 急激な値動きに対応できない

ライントレードを使うデメリットは、上記の通りです。

詳しく解説しています。

ラインを引く練習をしなければいけない

インジケーターとは違い、ラインは自分で引く必要があるので、より効果的なラインが引けるように練習をしなければいません。

ラインの引く練習は、過去チャートを振り返りながら、効果的なラインを探していくことがおすすめです。

通貨によって線の引き方を変えないといけない

ライントレードをする時は、通貨のボラティリティによって線の引き方を変える必要があります。

例えば、ドル/円なら、ラインと他のローソク足が接している回数が多い場所に引くことが多いです。

<img width=

しかしながら、ポンド/円の場合は、ローソク足の抵抗ピッタリに引いてしまうと、ダマシが頻繁に発生するため、少し余裕を持ってラインを引く必要があります。

急激な値動きに対応できない

短期足でライントレードをやるほど、急激な値動きに対応できません。

例えば、要人発言・経済指標などの突発的な動きがあると、ラインを簡単に突き破ってしまいます。

なので、ボラティリティが激しくなる時は、トレードを控えると無駄な損切をせずに済みます。

FXのライントレード【使い方・手法】

<img width=
  • ラインは意識されている場所を結ぶ
  • ラインでの反発を狙った手法
  • ラインブレイク手法
  • 損切りは基準となるラインを超えたら

ライントレードの使い方・手法は上記の通りです。

詳しく解説しています。

ラインは意識されている場所を結ぶ

<img width=

水平線・平行線・トレンドラインは、なるべくローソク足と接点が多い所に引きましょう!

なぜならば、【接点が多い=意識されている=抵抗が強い】になるからです。

必ずヒゲを結ばなくても問題なく、場合によってはローソク足の実体と結ぶこともあります。

ラインでの反発を狙った手法

ライントレードでは、水平線・トレンドライン・平行チャネルなどのラインに触れた後の反発を狙ったトレードが有効です。

タッチした直後にエントリーしてもいいですが、ラインをブレイクする可能性もあるので、反発を確認してからエントリーした方がリスクが少なく済みます。

ラインブレイク手法

<img width=

ラインブレイク手法は、トレンドラインなどの線を一回抜けた後、ライン付近までの戻り(リターンムーブ)を確認してからエントリーしていきます。

ラインを抜けるということは、トレンド転換の合図なので、今までの目線を逆に切り替えます。

損切りは基準となるラインを超えたら

ライントレードの損切りは、基準となるラインをローソク足の実体で抜けたらします。

ローソク足の半身だけ抜けた場合だと、戻ってくる可能性(ダマシ)がよくあります。

これは、トレンドライン・平行チャネルでも同じです。

FXでライントレードをする【3つの注意点】

<img width=
  • ダマシに気を付ける
  • ラインの修正は必要
  • 使わないラインは消す

ライントレードをする際の注意点は、上記の通りです。

詳しく解説しています。

ダマシに気を付ける

ライントレードは、ピッタリ反発する時と、少し抜けてから反発してくる時があります。

なので、ライン付近ですぐにポジションを取るのではなく、反発を確認してからエントリーするようにしましょう!

また、ライントレードをする時は、長期足の流れを考えながら、ダマシに気を付けましょう!

ラインの修正は必要

<img width=

ライントレードでは、定期的にラインの引き直しをしなければいけません。

↑の画像のように、最初は①でラインを引いていましたが、①を抜けてくる頻度が多くなったので、引き直しを余儀なくされました。

その結果、②の方が意識されているので、ラインを引き直しました。

使わないラインは消す

ライントレードで使ったラインを残したままにしておくと、後々何のラインか分からなくなったり、ラインだらけのチャートになることも多いので、使わなくなったラインはすぐに消すクセを付けましょう!

効果が少なくなったラインでトレードしてしまうリスクも減ります。

まとめ:ライントレードはシンプルで使いやすい最強の手法

<img width=

ライントレードでは、高値・安値にラインを引くことにより、相場の流れや抵抗が強い場所が分かるようになります。

最初は、引き方にコツが必要なので、練習が必要ですが、数回引けば、引き方は分かるようになります。

非常にシンプルな手法で、チャートが読めるようになるので、初心者の方におすすめの手法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次