MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

RSIだけで勝てる?見方・使い方をわかりやすく解説!おすすめ設定値も紹介

  • URLをコピーしました!

RSIとは、どういうオシレーターなんだろう?期間設定値・使い方を知りたいな。

RSIは、1本の線を見て相場の買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーターです。

シンプルで分かりやすいので、個人投資家などの愛用者が多く、世界中で有名なオシレーターの1つです。

以下で、RSIの期間設定値・使い方などを詳しく解説していきます。

目次

RSIとは

RSI とは

RSIとは、『Relative Strength Index』の略で、相対力指数とも呼ばれています。

チャートから一定期間の変動幅を抜き出し、それを1本の線に表示するオシレーターのため、【買われすぎ】【売られすぎ】の判断基準として使われています。

1本のRSIラインを元に考えるので、シンプルな作りになっています。

世界的に有名なオシレーターなので、ほとんどのFX会社のチャートに標準搭載されています。

RSIの範囲

RSIは、0~100%の範囲が設定されています。

しかしながら、大抵は、20~80%以内の範囲で相場が転換することが多いです。

10%以下・90%以上になることは、ほとんどありません。

RSIの計算式

RSIの計算式

RS=(n日間の終値の上昇幅の平均)÷(n日間の終値の下落幅の平均)
RSI= 100 - (100 ÷ (RS+1))

RSIの計算式は、上記の通りです。

RSIは自動で動いてくれるので、計算式は覚える必要はありませんが、知っておくことで特徴が分かりやすくなります。

nには、自分が設定した期間が入ります。

株・日経平均でも使える

RSIは、株・日経平均などでも、FXと同じように使えます。

そのため、FX以外のチャート分析をする時に困りません。

しかしながら、RSIは銘柄によって少し癖があるので、注意が必要です。

RCIとの違い

スクロールできます
RSIRCI
線の数1本3本
使いやすさ
順張り・逆張り逆張り順張り・逆張り
FX会社に
搭載されている可能性
特徴チャートから一定期間の変動幅を抜き出し、それを1本の線に表示して、【買われすぎ】【売られすぎ】 を判断する短期・中期・長期の3本の線を使って【相場の流れ】【買われすぎ】【売られすぎ】 を判断する

RSIとRCIは、名前が似ているので、違いが分からない方は多いですよね。

RSIは「逆張りトレード」をしたい方向け・RCIは、「順張り」と「逆張り」両方トレードする方におすすめです。

RSIは、世界的に有名なので、すべてのFX会社で標準搭載されていますが、RCIの認知度は少ないので、一部のFX会社でしか搭載されていません。

RSIの見方

RSI 見方 FX

RSIの範囲は、0~100%で表示されていますが、【70%以上が買われすぎ】・【30%以下が売られすぎ】と判断します。

<img decoding=

RSIは、逆張りに向いているインジケーターなので、RSIが買われすぎゾーンに来たら、ショートを狙い・売られすぎゾーンに来たらロングを狙います。

買われすぎゾーンに来ても、必ず下がるとは限らないので、値動きを見ながら判断しましょう!(売られすぎも同じです)

50%ラインも意識したほうがいい

FX会社によっては、50%ラインが引いてあります。

50%ラインよりも上なら、上昇圧力が強い・下なら下落圧力が強いという見方をします。

底値で持ったとしても、下落圧力が強い場合は、50%ラインを越えられずに、また下落を始める場合が多いです。

そのため、50%ラインを注意してみる必要があります。

【注意】RSIが90%以上でも相場転換しない場合もある

強い上昇相場だと、RSIの数値が90%を超えてくる場合があります。

通常だと、70%以上が買われすぎのサインなので、売りエントリ⁻したいですが、一旦様子を見るべきです。

なぜならば、RSIは天井に張り付くと、上昇が終わるまで、ずっと張り付いている場合があるからです。

そのため、RSIの数値だけを見ていると、思わぬ大損をしてしまう可能性が高くなります。

RSIのおすすめ設定値

RSI おすすめ 設置値

RSIの一般的な設定値は、【14】で多くのFX会社のデフォルトの設定値は【14】になっています。

しかしながら、RSIの設定値は【9】に設定することがおすすめ。

なぜならば、14だと9に比べ動きが鈍く、相場の初動に乗り遅れることが多いからです。

設定値を小さくすることにより、より早く相場の初動を取ることができます。

設定値を小さくすると、動きが早くなる分、「だまし」にあう可能性が高くなるので、注意が必要です。

スキャルピングの期間は短めの設定がいい

スキャルピングは、相場の動きをより敏感に感じ取らなければいけないため、期間は14よりも、【9】の方がいいです。

「だまし」も発生しますが、14だと取引機会が減るので、1日何百回と取引するスキャルピングには向きません。

RSIにも絶対はないので、自分の予測と違う値動きになったら、即損切りする必要があります。

RSIの使い方・手法

RSI 使い方
  • 70%以上は買われすぎ
  • 30%以下は売られすぎ

RSIは、逆張り戦略で使うことが多いので、上記のように考えます。

強い相場だと、天井・大底にRSIが張り付いてしまい、天井・大底が分からなくなるので、注意が必要です。

以下では、売買タイミングについて解説していきます。

買いシグナル

RSIの買いシグナルは、30%のラインを下から上に貫いた時に発生します。

30%以下になると、売られすぎのサインですが、いつ下落が収まるか分かりません。

そのため、下落後に少し反発してきたタイミングで、エントリーするのが安全です。

売りシグナル

売りシグナルは、70%のラインを上から下に貫いた時です。

RSIでは、「頭と尻尾はくれてやれ」という相場の格言にあるように、天井・大底を狙うことはできません。

そのため、天井から少し下がったところで、安全にエントリーするようにしましょう。

ダイバージェンス

<img decoding=

RSIのダイバージェンスによって、相場の転換点を考えることもできます。

ダイバージェンスとは、逆行現象のことを言います。

上記の画像のように、チャートは下値を更新しているが、RSIは下値を切り上げている・チャートは高値を更新しているが、RSIは高値を切り上げている場合などは、相場転換点として、逆張り戦略を考えていきます。

ダイバージェンスについては、↓の記事に詳しくまとめています。

RSIのだまし回避方法

RSI だまし 回避方法

RSIにも「だまし」は存在しています。

だましとは、売買シグナルが発生した後すぐに、自分の思惑とは逆方向に動いてしまうことを言います。

RSIのだましで、1番よくあるのは、ダイバージェンス発生時です⇓

FX RSI ダイバージェンス MT4 ダマシ 説明

ダイバージェンスが起きているので、本来ならば、高値を付けて、大きく下がる場面ですが、ここでは上昇してます。

RSIで相場の転換が起きそうな場面でも、必ずしもそうなるとは限らないということを覚えておきましょう!

RSIのだましの回避方法は、以下の2つがおすすめです。

  • 長期足で相場の流れを考える
  • 移動平均線などのインジケーターを合わせて見る

詳しく解説していきます。

長期足で相場の流れを考える

相場では、長期足で強いトレンドが発生していると、短期足では「だまし」が発生しやすくなります。

例えば、短期足では、崩れそうな形になっても、長期足では強い上昇トレンドが発生している場合、短期足で下がりそうだけど上昇する「だまし」は多く発生します。

そのため、自分がトレードしている時間軸よりも長い時間軸のチャートで相場の流れを考えると「だまし」を回避する確率が上がります。

マルチタイムフレーム分析については、↓の記事で詳しく解説しています。

移動平均線などのインジケーターを合わせて見る

RSIの単体だけでは、相場の流れが分からずに、「だまし」に引っかかる可能性が高いです。

そのため、移動平均線などのトレンド系インジケーターと組み合わせて、相場を考えるようにすることで、相場の流れが分かるようになり、だまし回避に繋がります。

例えば、RSIでは、ダイバージェンスが起きて下がりそうだけど、移動平均線の形は上がりそうな形になっている時は、トレードしない or 少額の取引にするなどの対策ができます。

RSIのおすすめ検証方法

RSI おすすめ 検証 方法

RSIは、通貨ペアにより買われすぎ・売られすぎゾーンが多少変化します。

そのため、チャートの過去検証をして、各通貨ペアの癖を調べることで、思わぬ損失を防ぐ必要があります。

チャートの過去検証は、検証ソフトを使うと効果的です。

有名な検証ソフトは、以下の2つです。

練習君プレミアム

  • 必要な機能が揃っている
  • MT4で検証できる
  • バージョンアップ料金が無料

練習君プレミアムは、他のソフトよりもコストパフォーマンスが良く、1度買うと一生使うことができます。

MT4を使って検証をすることができるため、様々なインジケーターの検証もすることが可能です。

また、日本の会社なので、サポートが充実している点も、おすすめのポイント!

\ 累計30,000ダウンロード達成 /

ForexTester5

  • 独自検証ソフトを使用
  • チャート保存・巻き戻し機能がある
  • 30日間の返金保証あり

Forex Tester5は、独自の検証ソフトを使って検証をするため、オフラインでいつでも検証をすることができます。

練習君プレミアムにはない【チャート保存機能】【巻き戻し機能】の便利機能があるので、まとまった検証時間が取れない方におすすめです。

しかしながら、バージョンアップの手数料など追加で、お金がかかる場合があるので注意が必要です。

\ 30日間の返金保証あり /

RSI以外のおすすめオシレーター【3選】

RSI以外 おすすめ オシレーター
  • MACD
  • RCI
  • ストキャスティクス

RSI以外のおすすめのオシレーター系インジケーターは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

MACD

MACDとは、【MACDライン】と【シグナル】の2本の線を使って、トレンドの方向性・転換点を考える手法です。

MACDもRSIと同様に世界的に有名なオシレーターです。

MACDについては、↓の記事に詳しくまとめています。

RCI

RCIは短期・中期・長期の3本の線を使って【相場の流れ】【買われすぎ】【売られすぎ】を判断することができます。

日本では最近知られるようになってきましたが、国内のFX会社の中でも搭載していない会社は多いです。

RCIについては、↓の記事に詳しくまとめています。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間の高値・安値を使って【買われすぎ】【売られすぎ】を示すオシレーターです。

2本の線を使って判断しますが、他のオシレーターよりも敏感に反応するので、相場の初動をとらえることができる反面、ダマシにあいやすいというデメリットがあります。

RSIのよくある質問

RSI よくある質問
  • RSIだけで勝てますか?
  • スイングトレードでも使えますか?
  • おすすめの時間足はありますか?
  • 他のオシレーターも合わせて見るべきですか?
  • 利益確定・損切りポイントは、どこで見るのですか?

RSIのよくある質問は、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

RSIだけで勝てますか?

RSIだけで勝つのは、難しいです。

なぜならば、RSIだけだと、相場転換が分かりづらく、だましに遭う可能性が高いからです。

そのため、チャートパターントレンド系インジケーターを組み合わせて考えることで、だましに遭う確率を下げる必要があります。

スイングトレードでも使えますか?

RSIは、スイングトレードでも使えます。

しかしながら、設定値が長いと1年間にトレードする頻度が、少なくなるので、注意が必要です。

設定期間が短いと、ダマシに合う確率は上がりますが、スイングトレードなら、あまり気にする必要はありません。

おすすめの時間足はありますか?

RSIのおすすめの時間足は、1分・5分足などの短期よりは、4時間足以上の長期足の方が、ダマシに合う確率が少ないので、おすすめです。

また、長期足だと経済指標・要人発言などの予期せぬ暴落・暴騰はあまり影響がないので、落ち着いてトレードができます。

そのため、初心者は長期足からRSIのトレードを始めるべきです。

他のオシレーターも合わせて見るべきですか?

RSIと合わせて、他のオシレーターを表示している方もいます。

しかしながら、トレード機会が減り、検証が大変になるので、おすすめできません。

例えば、RSIは買いサインだけど、他のオシレーターは売りサインだからトレードができないということがあります。

利益確定・損切りポイントは、どこで見るのですか?

RSIの利益確定・損切りポイントは、人により様々です。

チャートパターン・強い抵抗帯・トレンド系インジケーターの形で決めている人もいます。

RSIで判断する場合は、以下の目安で判断するのも、おすすめです。

  • RSIの向きが変わったら
  • 買われすぎゾーンでエントリーした場合
    ↳RSIが30%以下になったら
  • 売られすぎゾーンでエントリーした場合
    ↳RSIが70%以上になったら

まとめ:シンプルで使いやすいので初心者におすすめ

RSI まとめ シンプル 使いやすい 初心者 おすすめ

RSIは、 チャートから一定期間の変動幅を抜き出すので、【買われすぎ】【売られすぎ】の判断基準として使われています。

1本のラインを見て考えるので、非常にシンプルで初心者~上級者の方に人気があります。

一般的な設定値は【14】ですが【9】で設定している人もいます。

設定値を短く設定することにより、相場の値動きを敏感に反応できるので、相場の初動を取ることができる反面、ダマシにあう可能性が高まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次