MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXの一目均衡表おすすめ設定値・最強の使い方を解説【最強の売買サインは2つ】

一目均衡表とは、どういうインディケーターなんだろう?おすすめの設定値・使い方を知りたいな。

一目均衡表とは、【強気相場】【弱気相場】一目で分かるように設計されたインディケーターです。

基本は5本の線を使って、判断しますが、「日本には、一目均衡表を正確に理解してる人が数名しかいない」と言われるぐらい奥が深いインディケーターです。

この記事では、一目均衡表のおすすめ設定値・基本的な使い方を解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
目次

一目均衡表とは

<img width=

一目均衡表とは、「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる』という考えに基づいて作られています。

一目均衡表は、1936年細田悟一(ペンネーム:一目山人)が作ったテクニカル指標です。

海外トレーダーからも『Ichimoku』という名前で親しまれています。

一目均衡表は5本をみる

  • 基準線
  • 転換線
  • 先行スパン1
  • 先行スパン2
  • 遅行スパン

一目均衡表は、上記の5本をみながら相場の判断します。

この5本は、移動平均線などのようにすべてが同じ計算式で計算されているわけではなく、1つ1つに意味があります。

※詳しくは使い方の所で解説していきます。

【雲】という特殊な判断材料がある

<img width=

一目均衡表では、他のインディケーターにはない『雲』と言われる抵抗帯があります。

雲とは、先行スパン1・先行スパン2の間のことを言います。

一目均衡表は未来が分かる

<img width=

他のインディケーターでは、未来を現わすことはありませんが、一目均衡表では未来の雲の位置が分かります。

そのため、未来の雲の厚さ・ネジレなどを考えながら戦略を立てることができるという特徴があります。

一目均衡表【おすすめ設定値】

<img width=
  • 転換線:9
  • 基準線:26
  • 遅行スパン:52

一目均衡表は、開発者である【一目山人】が研究に研究を重ねて考え出した、上記の設定値がおすすめです。

多くのFX会社では、デフォルトで設定されています。

海外で人気の設定値

  • 転換線:7
  • 基準線:22
  • 遅行スパン:44

一目均衡表が開発された時代は、土曜日も相場が動いていたため、9・26・52の設定値で問題はありませんでした。

しかしながら、最近では、土曜日の取引ができないという取引状況に変わったため、その分を差し引いた7・22・44を使う海外トレーダーも増えてきました。

期間が短くなったことにより、反応が良くなったので、スキャルピング・デイトレードをする人が好んで使っています。

一目均衡表は難しいインディケーターなので、自分に合う数値を研究するのもいいかもしれません。

一目均衡表【使い方/手法】

<img width=

一目均衡表の見方・使い方について詳しく解説していきます。

各線の見方

<img width=
線の種類線の説明
基準線過去26日間の最高値と最安値の平均を算出して表示させた線
転換線過去9日間の最高値と最安値の平均を算出して表示させた線
先行スパン1転換線・基準線の平均値を26日先に先行して表示させた線
先行スパン2過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に先行して表示させた線
遅行スパン当日の終値を26日前に遅行させて表示させた線

一目均衡表の各線の使い方について、以下で詳しく解説していきます。

基準線と転換線の使い方

<img width=
  • ローソク足よりも上・下にあるかどうか
  • 転換線が基準線を下から上に貫く⇒好転=上昇相場
  • 転換線が基準線を上から下に貫く⇒逆転=下降相場

転換線・基準線の使い方は、上記の通りです。

レンジ相場では、ダマシが多く、勝率が下がります。

先行スパン【雲】の使い方

  • 価格が雲の上にある時⇒上昇相場
  • 価格が雲の下にある時⇒下降相場
  • 雲の厚さが抵抗の強さ
  • 雲を抜けると方向感がなくなる
  • 2本の先行スパンにネジレ(クロス)が発生すると相場が大きく転換する可能性がある

一目均衡表の雲は、上記のように考えます。

特に、雲では、雲の厚さ・ネジレが重要なポイントになります。

先行スパンにネジレが発生する時は、雲の厚さは薄くなります。(抵抗が弱い)

遅行スパンの使い方

  • 遅行スパンが価格よりも上にある⇒強気相場
  • 遅行スパンが価格よりも下にある⇒弱気相場

遅行スパンの見方は、上記の通りです。

また、遅行スパンの向きも大切になります。(上向き⇒強気・下向き⇒弱気)

最強の2つの売買サイン

  • 三役好転⇒強い上昇相場
  • 三役逆転⇒強い下降相場

一目均衡表の最強の売買サインは、上記の2つです。

移動平均線のパーフェクトオーダーと同じようなイメージです。

三役好転の条件

  • 転換線が基準線よりも上にある
  • 遅行スパンが価格よりも上にある
  • 価格が雲よりも上にある

一目均衡表の【三役好転】の条件は、上記の通りです。

三役好転の場合は、非常に強い上昇相場になる可能性が高くなります。

三役逆転の条件

<img width=
  • 転換線が基準線よりも下にある
  • 遅行スパンが価格よりも下にある
  • 価格が雲よりも下にある

一目均衡表の【三役逆転】の条件は、上記の通りです。

三役逆転の形になると、非常に強い下落相場になる可能性が高くなります。

【注意】レンジ相場ではダマシが多くなる

<img width=

一目均衡表では、価格が雲の中にある時など、レンジ相場になると、ダマシが多くなりうまく機能しないという点に注意が必要です。

<img width=

↑の画像のように、レンジ相場では、【好転】【逆転】が頻繁に起きることもあり、ダマシの頻度も増えてきます。

そのため、一目均衡表を使う場合は、相場の流れが出てきてから取引することにより、勝率を上げることができます。

長期足の流れを考えるのも大切

一目均衡表でも、長期足の流れを考えることにより、ダマシに引っかかる可能性を下げることができます。

例えば、5分足でレンジ相場でも、1時間足で【三役好転】だった場合、5分足のレンジは上に抜ける可能性が高くなります。

オシレーターを使って流れを考える

一目均衡表の弱点を補うために、オシレーターを使って相場の流れを考えることもできます。

オシレーターとは、為替の値動きに注目して、相場の強弱を分析するためのテクニカル指標です。主に、買われすぎ・売られすぎを知ることができるので、相場の天井・大底を知ることができます。

オシレーターについては、↓の記事に詳しくまとめています。

まとめ:一目均衡表は相場の流れがある時におすすめ

<img width=

一目均衡表とは、「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる』という考えに基づいて作られていて、5本の線を見て相場を判断します。

線の種類線の説明
基準線過去26日間の最高値と最安値の平均を算出して表示させた線
転換線過去9日間の最高値と最安値の平均を算出して表示させた線
先行スパン1転換線・基準線の平均値を26日先に先行して表示させた線
先行スパン2過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に先行して表示させた線
遅行スパン当日の終値を26日前に遅行させて表示させた線

一目均衡表の最強の売買サインは【三役好転】【三役逆転】で、このサインが出ている時に取引すると、勝率が上がり、値幅も期待できます。

一目均衡表を勉強するのと同時に、ダウ理論についても学ぶとトレードの幅が広がります。

一目均衡表以外のインディケーターは、↓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる