MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのフラッグとは?線の引き方・手法・注意点を詳しく解説【ペナントとの違いも解説】

  • URLをコピーしました!

FXのフラッグって何だろう?線の引き方・使い方について知りたいな。

FXのフラッグとは、大きなトレンド相場のトレンドの休止中に現れる、チャートパターンのことを言います。

形が【旗】に似ていることから、フラッグと言われています。

この記事では、FXのフラッグの使い方・手法について詳しく解説していきます。

ライントレードにおすすめ!FX会社【3選】
目次

FXのフラッグとは

<img width=

フラッグとは、トレンドの途中で、休止している状態の時に現れるチャートパターンです。

フラッグとは、英語で「旗」という意味です。

<img width=

直近の高値・安値を平行チャネルで結ぶことにより、分かりやすくなります。

  • 上昇フラッグ→高値切り下げ・安値切り下げの形
  • 下降フラッグ→高値切り上げ・安値切り上げの形

↑フラッグは、トレンド方向とは逆に動くのが特徴です。

大きく動くというよりは、ジリジリ値動きがあります。

平行チャネルの使い方は、↓の記事で詳しく解説しています。

ペナントとの違い

<img width=

↑の画像のように、フラッグは長方形・ペナントは三角形のチャートパターンという違いがあります。

また、ペナントは、ラインブレイク後に戻り(リターンムーブ)があまりないのに対して、フラッグは1度ラインをブレイク後戻ってくることが多いです。

ペナントについては、↓の記事に詳しく解説しています。

FXでフラッグを使う【3つのメリット】

<img width=
  • 相場の流れが分かりやすい
  • 大きな値幅が狙える
  • エントリーポイントが分かりやすい

FXでフラッグのチャートパターンを使うメリットは、上記の3つです。

詳しく解説していきます。

相場の流れが分かりやすい

強いトレンドの休止期間に現れやすいので、全体的な相場の流れが分かりやすいというメリットがあります。

フラッグのチャートパターンを知っておくだけで、トレンド継続時に高値・安値が切り下げても相場の目線をブラさずに取引ができます。

大きな値幅が狙える

フラッグは、強いトレンド相場に現れやすいので、フラッグを抜けた後に、前のトレンド継続する可能性が高いため、大きな値幅を狙うことができます。

そのため、チャートを頻繁に見ることができない、トレンドフォロー手法の方におすすめのチャートパターンです。

エントリーポイントが分かりやすい

フラッグが起きる前のトレンドを継続しやすいので、ラインを基準にトレンド方向にエントリーをするため、エントリーポイントが分かりやすいというメリットがあります。

また、フラッグ内の高値・安値の基準が分かりやすいので、無駄な取引が減ります。

FXのフラッグ【線の引き方】

<img width=

フラッグの線は、基本直近の高値・安値の「ヒゲ」を平行チャネルで結んでいきます。

  • 上昇フラッグ→高値2点のヒゲを結び、下値のヒゲ1点を選択
  • 下降フラッグ→下値2点のヒゲを結び、高値のヒゲ1点を選択

フラッグの線の引き方は、上記の通りです。

線を引く際は、なるべく他のヒゲ、ローソク足の実体に触れるようにラインを引いたほうが正確に引けます。

FXのフラッグ【使い方・手法】

<img width=

FXのラインの使い方について詳しく解説していきます。

基本戦略は【ラインブレイク手法】を使う

<img width=

フラッグの基本戦略は【ブレイクアウト手法】がおすすめです。

↑の画像のように、ラインをブレイクしたら、その流れについていきます。

エントリーポイントは、①よりも②のラインまでの戻り(リターンムーブ)を確認して反発した所を狙う方が勝率が高く値幅も取れます。

ラインの反発を狙ってもOK

<img src=

フラッグは、一定の値幅で価格が動きやすいので、トレンド方向のポジションを取ることもできます。

上昇フラッグなら、下がるまで待ち、下のラインで反発したら、ポジションを持ち、上のラインで利食いします。

フラッグ内で、レンジ相場と同じ闘い方をするイメージです。

損切りポイント

<img width=

フラッグの損切りポイントは、抜けたラインの中に入ってきた時です。

損切りは早ければ早いほど、損失が小さくなるので、迷わずにしましょう!

FXのフラッグを使う場合の注意点

<img width=
  • 頻繫に出てくる形ではない
  • 線を引かないと分からないことが多い
  • ダマシも存在する

FXでフラッグを使う際の注意点は上記の通りです。

詳しく解説しています。

頻繫に出てくる形ではない

フラッグは、大きなトレンド相場に出てくることが多いですが、トレンド相場は全体の2割しかありません。

そのため、頻繁に出てくる形ではないということに注意しましょう。

しかしながら、出てくると大きい値幅が取れる可能性が高いので、知っておいて損はないチャートパターンです。

線を引かないと分からないことが多い

フラッグは、頻繫に出てくるチャートパターンではないので、線を引かないと分からないことがあります。

なので、トレンド相場では、なるべく線を引く癖をつけときましょう!

ダマシも存在する

フラッグも他のチャートパターンと同じように、ダマシが存在します。

なので、自分のトレード戦略と違う値動きになったら、すぐに損切りをしましょう。

まとめ:フラッグはトレンド継続する可能性が高い

<img width=

FXのフラッグとは、大きなトレンド相場のトレンドの休止中に現れる、チャートパターンのことを言います。

フラッグのチャートパターンは、前のトレンドを継続する可能性が高いと判断することができます。

ブレイクアウト手法を使うことにより、大きな値幅を狙うことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次