MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのOCO注文の使い方・設定方法をわかりやすく解説【チャートを見なくても勝てる】

  • URLをコピーしました!

FXのOCO注文とは、なんだろう?使い方・設定方法について知りたいな。

OCO注文とは、利益確定ポイント・損切りポイントの2つの注文を同時に出す注文方法です。

このOCO注文を理解することができれば、チャートを見なくても攻めと守りを両方することができます。

仕事中や寝ている時なども、このOCO注文をすることにより安心できます。

この記事では、OCO注文の使い方・設定方法について詳しく解説していきます。

目次

FXのOCO注文とは

<img width=

OCO注文とは、「One Cancels the Other」の略で、利益確定ポイント・損切りポイントの2つの注文を同時に出す注文方法です。

どちらか、一方の条件が成立すると、もう1つの注文が自動でキャンセルされます。

<img width=

↑の画像のように、100円でエントリーした場合、101円になったら利益確定・99円になったら損切の注文を出します。

<img width=

↑OCO注文で、価格が指値注文に引っかかったら、自動的に利益確定され、損切り注文(逆指値)はキャンセルされます。

<img width=

↑反対に、逆指値注文に引っかかると、損切りが自動で確定して、利益確定注文はキャンセルされます。

FXでOCO注文を使う【3つのメリット】

<img width=
  • リスク管理ができる
  • チャートに張り付かなくてもOK
  • 心が揺れない

FXでOCO注文を使う時のメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

リスク管理ができる

OCO注文を入れることにより、リスク管理をすることができます。

例えば、要人発言・経済指標などにより相場が急変した時などにも自動で損切りをしてくれるので、一瞬の判断が命取りになったなどの心配がなくなります。

チャートに張り付かなくてもOK

OCO注文を設定しておくことで、チャートに張り付かなくてよくなります。

夜寝る前・仕事前などに設定しておくことにより、チャートを気にせずに過ごすことができるというメリットがあります。

心が揺れない

チャートを見ながら、利食い・損切りをしようとしても、欲が出てしまい、上手くできない時があります。

しかしながら、OCO注文をエントリーした後に入れておくと、自動で利食い・損切りをしてくれるので、心が揺れるということがありません。

OCO注文【使い方】

<img width=

FXのOCO注文のやり方について解説していきます。

FX会社によって、OCO注文のやり方が多少異なることがありますが、ほとんど同じ流れで設定することができます。

OCO注文までの流れ

  1. 注文タイプを【OCO】に変更
  2. 売り or 買いで入るかを決める
  3. 取引数量を選択
  4. 指値(利食い)・逆指値(損切り)の価格を入力
  5. OCOの有効期限を選択
  6. 確認画面へをクリック

新規注文でOCO注文をする場合の手順は、上記の通りです。

OCO注文は、持っているポジションに対しても設定することができます。

OCO注文をしたいポジションを選択後、OCOを選択し、設定値を入力すれば、設定が完了します。

スマホでも同じように、OCO注文を入れることが可能です。

自動でOCO注文をいれることもできる

毎回同じ値幅のOCOを設定するなら、【決済同時発注】をONにすれば、エントリーと同時に毎回同じOCO注文をすることができます。

例えば、利益確定ポイントを20PIPS先・損切りポイントを10PIPS先に設定していると、エントリーの度に自動で同じOCO注文を入れてくれます。

FXでOCO注文を使う時の【3つの注意点・デメリット】

<img width=
  • 利益を伸ばすことができない
  • 逆指値の時にスベル時が多い
  • 一度設定したOCOはよっぽどの時以外は解除しない

FXでOCO注文を使う時の注意点・デメリットは上記の通りです。

詳しく解説していきます。

利益を伸ばすことができない

OCO注文は、あらかじめ利食い・損切りポイントを決めてしまいます。

そのため、利食い後に大きく相場が動いてしまった場合、機会損失になるというデメリットがあるので注意が必要です。

逆指値の時にスベル時が多い

OCO注文では、指値(利益確定)の場合は、ピッタリの価格で成約することが多いです。

しかしながら、逆指値(損切り)になると、0.1~1PIPSぐらい設定価格よりもスベリ、悪い価格で成約することが多いです。

悪い証券会社だと、2~3PIPSスベルことがよくあります。

一度設定したOCOはよっぽどの時以外は解除しない

一度設定したOCO注文は、なるべく解除or変更しないようにしましょう!(特に損切り)

なぜならば、OCOを解除してしまった結果、大損するor利食い損ねたということはよくある話だからです。

新たな勝率の高い根拠が見つかり、OCO注文を変更したいという場合のみ変更をしましょう!

まとめ:OCO注文は簡単にできる

<img width=

OCO注文とは、利益確定ポイント・損切りポイントの2つの注文を同時に出す注文方法です。

なので、OCO注文をすれば、仕事中・寝る時などチャートを見ることができない時に重宝します。

設定の方法も簡単なので、FX初心者の方でも悩みません。

しかしながら、利益を伸ばすことができないというデメリットがあるので、注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次