MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXの指値注文の使い方・メリット・デメリットを解説【決済注文としても使える】

  • URLをコピーしました!

FXの指値注文とは、何だろう?使い方・メリット・デメリットが知りたいな。

FXの指値注文とは、新規ポジションの予約・利益確定の予約をする注文方法のことを言います。

指値注文を入れることにより、チャートを見なくても、トレード戦略通りにポジションのエントリー・利益確定をすることができます。

仕事などでチャートを頻繁に見ることができない方に人気の注文方法です。

この記事では、FXの指値注文の使い方・メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

目次

FXの指値注文とは

<img width=

指値注文とは、今の価格よりも『下がったら買う』『上がったら売る』と言うように、今の価格より有利な価格に入れる予約注文のことを言います。

<img width=

↑現在の価格が100.00円だった場合で、99.00円に指値の買い注文を入れていた場合、価格が99.00円に到達したら注文が約定します。

<img width=

↑現在の価格が100.00円だった場合で、101.00円に指値の売り注文を入れていた場合、価格が101.00円に到達したら注文が約定します。

指値注文は、現在の価格よりも不利な価格には置くことができないので、注意が必要です。

例えば、現在の価格が100.00円だった場合、101.00円で指値注文の買いを入れることはできません。

指値注文・逆指値注文の違いを解説

<img width=
  • 現在の価格よりも『下で買う』⇒指値注文
  • 現在の価格よりも『上で買う』⇒逆指値注文

指値注文と逆指値注文の違いは、上記の通りです。

指値注文は、逆張りに使うことが多く、逆指値注文はブレイクアウト手法などで多く使われるという違いがあります。

注文方法によって指値注文の意味が少し変わる

  • 指値注文【単独】⇒新規エントリー注文
  • 指値注文【他の注文方法】⇒利益確定

指値注文は、上記のように、他の注文方法だと意味が変わる場合があります。

<img width=

↑の画像のように、OCO注文を使うと、101円になったら指値注文が引っかかり、利益が確定します。

また、IFD注文IFO注文の場合は、指値注文で新規エントリー注文を出し、指値注文で利食いをすると言うように、1つの注文方法でも2つの意味が存在します。

FXで指値注文を使う【3つのメリット】

<img width=
  • 注文を入れれば、自動でポジションが持てる
  • 使い勝手が良い
  • トレード戦略通りに取引できる

FXで指値注文を使う3つのメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

注文を入れれば、自動でポジションが持てる

指値注文を入れることにより、チャートを見ていない時でも、自動でポジションを持ってくれます。

なので、チャートを見ることができない時間でも機会損失をすることがありません!

仕事でなかなかチャートを見ることができず、チャンスを逃したくない方におすすめです。

使い勝手が良い

  • 新規ポジションのエントリー
  • 利益確定

指値注文は、↑の2つの機能があります。

エントリーから利益確定までを、指値注文だけで完結することができるので、使い勝手がいいです。(IFD注文など)

トレード戦略通りに取引できる

チャートを見ていると、ついつい余計なところでもエントリーをしてしまう場合があります。

しかしながら、指値注文を入れることにより、トレード戦略通りに取引ができるようになるというメリットがあります。

FXで指値注文を使う【3つのデメリット・注意点】

<img width=
  • 新規エントリーの時は【スリッページ】が起こることがある
  • 価格に達していないと約定しない
  • リスク回避はできない

FXで指値注文を使うデメリットは、上記の通りです。

詳しく解説しています。

新規エントリーの時は【スリッページ】が起こることがある

新規エントリーで指値注文を入れることにより、注文時にスリッページが発生する場合があります。

スリッページとは、0.1~2PIPSぐらい注文価格よりも不利な方向にズレて約定することを言います。

しかしながら、利益確定時の指値注文は、あまりスリッページが発生しません。

価格に達していないと約定しない

指値注文は、注文価格に達していないと約定されることはありません。

なので、注文価格に届かなかったけど、自分の戦略通りに相場が動いているということもあります。

また、利益確定の指値注文を入れていても、注文価格に届かずに損切りで終わるという場面にも遭遇します。

リスク回避はできない

指値注文は、新規ポジションのエントリー or 利益確定しか設定ができません。

そのため、損切り設定(逆指値注文)を入れなければ、大きな損失を抱える場合があるので注意が必要です!

FXの指値注文【やり方】

<img width=

FXの指値注文のやり方について解説していきます。

FX会社によって、指値注文のやり方が多少異なることがありますが、ほとんど同じ流れで設定することができます。

指値注文【新規ポジション】

<img width=
  1. 通常注文を選択
  2. 売り・買いを選択
  3. 取引数量を記入
  4. 指値を選択
  5. 注文レートを記入
  6. 有効期限を決める
  7. 【確認画面へ】をクリック

指値注文の新規ポジションのエントリーは、上記の手順で設定していきます。

指値注文の注文レートは、必ず現在の価格よりも有利なレートを設定しなければいけません。

指値注文【利益確定】

  • 成行注文
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFO注文

利益確定の指値注文は、上記の4つの注文方法で入れることができます。

注文方法は、簡単で指値注文の所に注文レートを記入すればOKです!

まとめ:FXの指値注文は簡単に設定できる

<img width=

指値注文とは、今の価格よりも「下がったら買い」「上がったら売り」と言うように、今の価格よりも有利な価格に注文を入れう予約注文のことを言います。

指値注文は、【新規ポジションのエントリー】【利益確定】という2つの意味があります。

初心者~上級者まで使っている注文方法なので、必ず覚えましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次