MENU
2022年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのIFO注文のやり方・コツ・注意点を解説【指値・逆指値を同時に発注する】

  • URLをコピーしました!

FXのIFO注文とは、何だろう?注文のやり方・コツについて知りたいな。

IFO注文とは、新規予約注文と指値注文・逆指値注文を同時に発注する注文方法です。

チャートを見ていない時にも、自分の戦略通りにポジションを持ちたい方におすすめ!

また、頻繫にチャートを見ると、心が揺れてしまう方にも人気があります。

この記事では、FXのIFO注文のやり方・コツ・注意点について詳しく解説していきます。

目次

IFO注文とは

<img width=

IFO注文とは、【IFD注文】と【OCO注文】を合わせた注文方法のことを言います。

IFD-OCO注文とも言います。

<img width=

↑のように、100円で新規注文の予約をして、101円で指値注文・99円で逆指値注文を同時に入れる注文方法です。

価格が100円になった時点で、エントリーと同時に指定した指値注文・逆指値注文も発注されます。

IFO注文を使う【3つのメリット】

<img width=
  • 新規エントリー~決済までを自動でやってくれる
  • チャートに張り付かなくてOK
  • メンタルに左右されにくい

IFO注文を使う3つのメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

新規エントリーから決済までを自動でやってくれる

IFO注文を入れることにより、自動で新規エントリーから決済までをやってくれます。

なので、注文さえ入れてしまえば、あとは放置していても問題ありません。

チャートに張り付かなくてOK

裁量でトレードをする場合は、チャートを見ながらエントリーポイントを探さなければいけません。

しかしながら、IFO注文は、戦略を立てて、新規エントリーの予約注文を入れてしまえば、チャートに張り付く必要がありません。

なので、仕事中・寝ている時など、チャートを見れない時でも、自分の戦略通りにポジションを持ってくれます。

メンタルに左右されにくい

  • ポジポジ病のリスクが減る
  • 怒りなど感情に任せたトレードをしなくなる
  • ハイレバレッジ取引をやらなくなる

IFO注文をすると、上記のようなメンタルが関係したトレードをやらなくなります。

なので、トレード機会は減りますが、無駄なトレードはなくなるというメリットがあります。

IFO注文を使う【3つのデメリット・注意点】

<img width=
  • 注文価格に達しないとエントリーしない
  • スリッページがある
  • ストップ狩りにあう可能性がある

IFO注文のデメリットは、上記の通りです。

詳しく解説していきます。

注文価格に達しないとエントリーしない

もし、相場が自分の思っている方向に動いていたとしても、予約した注文価格に到達しなければ、新規ポジションを持つことはありません。

なので、チャートを見ている時に比べて、少し機会損失をしてしまう場合もあります。

ギリギリに注文価格を予約すればするほど、注文価格に引っかかりません。

スリッページがある

IFO注文では、新規ポジション成約時・逆指値注文成約時にスリッページが発生することが多いです。

スリッページとは、注文価格よりも0.1PIPS~2PIPSぐらいズレて約定することを言います。

なので、1~2PIPSの利益を気にするトレードスタイルの方にはおすすめできません!

ストップ狩りにあう可能性がある

逆指値注文を入れることにより、ストップ狩りに合う可能性があります。

ストップ狩りとは、自分の逆指値注文が約定してから反対方向に動くことを言います。

特に、100.00/100.50のように意識される節目があったり、強い抵抗の前後に逆指値を置いているとストップ狩りの被害にあいやすいです。

また、朝方やボラティリティが高い場合は、スプレッドを極端に広げてストップ狩りをする場合もあります。

ボラティリティについては、↓の記事で詳しく解説しています。

IFO注文【やり方】

<img width=

FXのIFD注文のやり方について解説していきます。

FX会社によって、IFD注文のやり方が多少異なることがありますが、ほとんど同じ流れで設定することができます。

IFD注文までの流れ

<img width=
  1. 注文タイプを【IFD-OCO】or【IFO】に変更
  2. 【新規売買】売り or 買いで入るかを決める
  3. 取引数量を選択
  4. 指値(今の価格よりも有利)・逆指値(今の価格よりも不利)の価格を入力
  5. 注文レートを記入
  6. IFOの有効期限を選択(新規ポジション)
  7. 【決済売買】数量を記入
  8. 指値(利食い)・逆指値注文(損切り)のレートを入れる
  9. 有効期限を選択
  10. 【確認画面へ】をクリック

IFO注文のやり方の手順は、上記の通りです。

FX会社によっては、IFD-OCO注文と書かれている場合があります。

FXでIFO注文を成功させる【3つのコツ】

<img width=
  • 古いIFO注文は削除する
  • 環境認識してから注文を入れる
  • チャートパターンを覚える

IFO注文を成功させるコツは、上記の通りです。

詳しく解説しています。

古いIFO注文は削除する

IFO注文で期間を、無期限に設定した場合、優位性が無くなった古い注文は消していきましょう!

なぜならば、意図していない時(忘れていた時)に注文が入ってしまう場合があるからです。

また、IFO注文を入れると、入れた数量分口座資金がロックされてしまうので、無駄にレバレッジをかけることに繋がってしまいます。

環境認識してから注文を入れる

IFO注文を入れる場合は、特に長期足を重点的に環境認識をしましょう! 

また、他通貨ペア・通貨の相関関係なども意識しながら注文レベルを発注します。

環境認識については、↓の記事で詳しく解説しています。

チャートパターンを覚える

IFO注文をうまく成功させるコツは、チャートパターンを覚えることが重要です。

チャートパターンを覚えることにより、これからの相場の値動きが予想しやすくなります。

そのため、IFO注文の効果を最大現に発揮できるようになります。

チャートパターンについては、↓の記事で詳しく解説しています。

まとめ:IFD注文よりもIFO注文の方が使う頻度は多い

<img width=

IFO注文とは、IFD注文とOCO注文を合わせた注文方法です。

新規のポジションの予約と指値注文・逆指値注文を同時に発注します。

IFD注文は、決済注文が1つしか入れられませんが、IFO注文は2つ入れることができるので、使い勝手が良く、IFD注文よりも使う頻度は多めです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次