MENU
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
スマホアプリが抜群に使いやすい

 

 

取引数量に応じて現金がもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ
おすすめのFX会社ベスト10を集計しました<毎月更新> ー国内FXと海外FXを使い分けようー

海外FXを初心者トレーダーにおすすめしない理由

海外FXを初心者トレーダーにおすすめしない理由

結論、最初の1〜2年は国内FXで、相場観を掴めてからハイレバの海外FXに移ろう!

FX初心者トレーダーの方には、海外FXは強制ロスカットで一瞬で口座残高がゼロになるリスクが高いので、私はおすすめしません。

初心者の方は、リスクを極限まで抑えて稼ぐことに重きを置いた方が良いので、国内FXでトレードするのがおすすめです。

今回の記事では、FX初心者の方に海外FXはおすすめしない詳しい理由や、稼げるようになってからは海外FXの方がなぜ有利なのかを詳しく解説します。

おすすめ海外FX会社【3選】
  • XM(XMTrading)
    ↳未入金で取引を始めるならココ
  • Exness
    ↳無制限レバレッジならココ
  • FXGT
    ↳仮想通貨も取引するならココ
目次

海外FXがおすすめされない理由

私が手放しに海外FX業者をおすすめしない主な理由は、以下のとおりです。

  • ハイレバレッジのリスクが高い
  • 詐欺に巻き込まれる可能性がある
  • 出金方法が国内FXよりも複雑

ハイレバレッジのリスクが高い

国内FX業者では、金融庁の規制によって最大レバレッジが25倍に制限されていますが、海外FXでは1,000倍以上のレバレッジ設定が可能です。

ただし、海外FXのハイレバレッジは、ハイリターンな分、当然ハイリスク(一瞬でロスカットに遭うことも…)なので、ちゃんとFXで勝てるようになってから挑戦すべきです。

海外FXは「追証なしのゼロカットシステム」を採用しているので、マイナス分をトレーダー側は追加入金で補填する必要はありませんが、だからといって雑なトレードを繰り返していると、いつまで経ってもトレード技術は向上しません…。

海外FXは、マイナス分は全て業者負担で、トレーダー側は最初に入金したお金が失くなるだけですが、そのせいで狂ったように「入金→強制ロスカット→入金」を繰り返してしまうケースも…。

ハイレバ挑戦は、リスク管理しつつ勝てるようになってから!

詐欺に巻き込まれる可能性がある

国内FX会社は、金融庁の登録が必須で、会社が破綻してもトレーダーの手元に資金が戻る「信託保全」が義務化されているので、一定の安全性が確保されています。

海外FXで口座開設する際は、日本人トレーダー人気No.1のXM(XMTrading)や、日本に最初に上陸した海外FXであるiForexなど、ユーザー数が多くて運営歴も長い海外FX業者のみ検討するのがおすすめです。

海外FX会社は日本の金融庁の管轄外であり、国内FXのような安全機能がないため、詐欺業者による資金の持ち逃げや出金拒否などの事例も稀にあるので注意しましょう。

ぱっと出の新興業者には注意が必要!

出金方法が国内FXよりも複雑

海外FXでは、銀行口座への送金やクレジットカードへの返金など、複数の出金方法がありますが、いずれも国内FXに比べて仕組みが複雑になります。

なので、ある程度、国内FXで、FX業者への入出金の経験を積んでおいた方が安心です。

海外FXは、脱税やマネーロンダリング対策のために規制が厳しく、入出金の方法が複雑になっています。

海外FXは、クレカで入金した場合、それで得た利益のうち「入金額まではカードに返金」で「利益分からは国内銀行に出金」など、ルールが少し複雑。

海外FXの入出金は、国内銀行送金で統一がおすすめ! ちなみに、入金する銀行と出金する銀行が別々でもOK!

特に初心者トレーダーにおすすめしない理由

トレードの経験が浅い初心者トレーダーには、特に以下の理由から海外FXはおすすめできません。

  • 稼げる実力がつくまでは低レバにすべき
  • ボーナスに惑わされてリスクを取りすぎる
  • 取引プラットフォームに障壁を感じる

稼げる実力がつくまでは低レバにすべき

海外FXの大きなメリットは、国内FXを大きく上回るハイレバレッジで利益を狙える点ですが、FXで稼げる実力がつくまでは国内FXの低レバレッジで経験を積むべきです。

FX取引は、1度のトレードで一攫千金を狙うものではないので、勝率が安定しない初心者がむやみに海外FXに手を出せば、たちまち口座残高がゼロになって退場する原因となります。

安定した利益を重ねるようになるまで、まずは国内FXの低レバレッジでFXトレードを繰り返し、知識とトレード手法をしっかりと確立してからハイレバレッジを活用できる海外FXに挑戦しましょう。

個人的には、リスクを極限まで抑えたいorそこまで欲がないなら、ずっと国内FXでも十分だと思います!

ボーナスに惑わされてリスクを取りすぎる

海外FXでは、入金や取引量に応じて証拠金として活用可能なボーナスを取得できますが、FX初心者の方はボーナスに惑わされてリスクを取りすぎる危険があります。

海外FXのボーナスは、口座開設ボーナス・100%入金ボーナス・取引ボーナスなど。

口座開設ボーナスや入金ボーナスは必ず獲得すべきですが、取引ごとにポイントが貯まる取引ボーナスに目がくらむと、ポジションを無駄に抱えたり、利食いが遅れることがあるため、結果として大きな損失に繋がります。

取引ボーナス獲得のために取引数量を増やし、結果として大きな損失を抱えては元も子もないため、国内FXでトレード手法や資金に応じた適正な取引数量を遵守できるようになってから、海外FXにステップアップしましょう。

ハイレバは一瞬で大金を得られる分、一瞬で溶けるリスクもあるので、国内FXで上手なメンタルコントロールの方法も身に付けておくのがおすすめ。

取引プラットフォームに障壁を感じる

FX市場で取引するためのソフトウェアを「取引プラットフォーム」と呼びますが、国内と海外では利用されるプラットフォームが異なり、特に初心者にとっては煩わしさを感じる一因です。

使い方をマスターすれば非常に利便性の高いプラットフォームですが、MT4やMT5は使い方が少々複雑なため、習得するには時間が必要です。

海外FXでは、豊富なインジケーターの活用によって高度な分析が可能なMT4やMT5などの取引ツールが主流ですが、国内FXで導入している会社は多くありません。

ますはデモトレードでMT4/MT5に慣れよう!

海外FXには「おすすめできる理由」も多い

海外FXは国内FXに比べて優れた点も多くあり、主なメリットは以下のとおりです。

  • 上級者にとって「ハイレバは正義」
  • 利益率は国内FXの数倍〜数十倍以上
  • ショートでもマイナススワップを取られない
  • ゼロカットがあるからギャンブルができる

上級者にとって「ハイレバは正義」

FX上級者になってトレードの利益が安定すれば、ハイレバレッジを活用できる海外FXこそが正義です!

レバレッジが高いほど、少ない資金で大きな利益を狙えるため、すでに稼げているトレーダーが海外FXを活用しないのはおかしいと思います。

低レバレッジの国内FXで手法を確立し、経験を積んだトレーダーはぜひ海外FXに挑戦しましょう。

利益率は国内FXの数倍〜数十倍以上

海外FXのハイレバレッジを活用すれば、同じトレードでも国内FXと比べて利益率は数倍〜数十倍以上にもなります。

国内FXでは、最大でもレバレッジは25倍です。しかし、海外FXのレバレッジ1,000倍なら、同じ証拠金&同じ値動きでも、利益は「40倍」も跳ね上がるのです。

同じ10万円を証拠金とした場合でも、下記のように利益は段違いです。

①国内FX(レバレッジ25倍)= 0.1%の値動きで2,500円の利益
②海外FX(レバレッジ1,000倍)= 0.1%の値動きで100,000円の利益

同じ手法と条件でFXトレードした時に、これだけの利益差が生じる点を踏まえると、勝てるトレーダーが海外FXを活用しない手はありません。

国内FXも海外FXもやることは同じなので、すでに稼げているなら、海外FXの方が「時間単価」が上がります!

ショートでもマイナススワップを取られない

スワップがマイナス側の通貨を保有すると、ポジションをキープするだけで日々の資金が減少するため、特に中長期目線のトレーダーにとっては積み重なれば大きな負担になりますが、海外FXは、スワップの優劣を気にせず通貨を選べるメリットがあります。

国内FXでは、為替間の金利差によるスワップがマイナスとなることがありますが、海外FXでは銘柄によってショートがマイナススワップの時もあればプラススワップの時もあります。

高金利通貨ペアでプラススワップを貰う「スワップ投資法」も海外FXならでは!

ゼロカットがあるからギャンブルができる

海外FXでは、口座に預けている資金以上の損失を出した場合、マイナス分の損失を業者側が負担してくれる「追証なしのゼロカットシステム」を採用しています。

国内FXであれば、証拠金以上の損失を出した際に借金が残りますが、海外FXは借金が残らないため、ビッグチャンスが来たら思い切りハイリスク・ハイリターンで勝負できるギャンブルトレードも可能です。

海外FX初心者の方でも、口座開設ボーナスを上手く活用してギャンブルトレードすれば、「ノーリスク・ハイリターン」を狙えます。

おすすめの海外FX業者は?

  • 最大レバ1,000倍の最強トレード環境
  • スワップフリー口座などのメリット多数
  • 口座開設で1.3万円分&入金額が倍になる豪華ボーナス

海外FXで取引するなら、私もメインで使っている【XM(XMTrading)】が一番おすすめです。

日本人の海外FXトレーダーのほとんどが、XMをメイン口座に使っていますし、会社としての運営歴も長いので、信頼性・安全性も問題ありません。

XMは日本人に最も利用されている海外FX!

口座開設で13,000円分の口座開設ボーナスを獲得できて、ボーナスだけで未入金のままトレードを始められます。利益分は、通常の利益と同じように出金できます。

\ 海外FXデビューに一番オススメ /

初心者におすすめの「海外FXとの付き合い方」

海外FXは、国内FXよりも大きな利益を狙うことができ、メリットも様々ですが、初心者がいきなり挑戦をしても良い結果には繋がりません。

FX初心者の方は、以下のとおり、しっかりと手順を踏んでから海外FXと付き合うのがおすすめです。

  • まずは国内FXで稼げるようになる
  • 海外FXでは入金額の上限を設定する
  • 勝負所を見極めてハイレバで仕掛ける

まずは国内FXで稼げるようになる

海外FXの最大のメリットはハイレバレッジの活用ですが、稼げないうちからレバレッジを上げるのは非常に危険です。

国内FXも海外FXとトレード方法は同じなので、まずは低レバレッジの国内FXでトレード技術を磨き、しっかりと稼げるようになるのが重要です。

必ず低レバレッジの国内FXで安定して稼げるように経験を積んでから、海外FXにトライしましょう。

国内FXで半年で30万円稼げたら、海外FXに移行する目安!

海外FXでは入金額の上限を設定する

海外FX初心者の頃は、負けトレードの後に損失を取り戻そうとムキになってしまい、証拠金を追加して損失を広げる悪循環に陥る傾向があります。

損失を限定するためにも3万円や10万円など、毎月の入金額の上限設定をしておくのがおすすめです。

極端な話、ハイレバレッジの海外FXなら10万円の入金でも十分に副業として成立するので、レバレッジを有効活用して少ない資金で大きな利益を狙いましょう。

手堅く稼ぐ口座と、ハイレバする口座で分けて、それぞれ異なる入金上限を決めるのもおすすめ!

勝負所を見極めてハイレバで仕掛ける

複数の根拠を持ってエントリーできるポイントが見つかれば、ハイレバレッジのトレードで大きな利益を狙う勝負所です。

普段のトレードよりも自信を持って勝負できるタイミングが来れば、通常のトレードよりもレバレッジを上げて勝負して、ハイレバレッジのメリットを最大限に活かしましょう。

自分は、2022年の日銀介入のドル円急落時、フルレバで勝負して、たった数時間で月の目標金額を稼ぎました!

初心者トレーダーに海外FXをおすすめしない理由 まとめ

国内FXよりも優れた点が多い海外FXですが、トレードを始めたばかりの初心者トレーダーにとっては、海外FXへの挑戦はメリットよりもリスクの方が大きくなります。

ただし、国内FXで半年で30万円稼げたら、利益率が高い&時間効率が良い海外FXに移行するのがおすすめです。

国内FXも海外FXもやることは同じなので、まずは低レバレッジの国内FXで実践を積み、安定して利益を出せるように成長してから、海外FXにチャレンジしましょう。

\ 海外FXデビューに一番オススメ /

目次