MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。現在32歳です。趣味でリゾートバイトをして全国を巡りながらトレードをしている兼業トレーダーです。
FX会社ランキング
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
自動売買におすすめ

【OANDA】の特徴と評判を解説!【MT4が使える】【オーダーブックが見れる】

OANDAってどんな会社なんだろう?特徴とか評判を知りたいな。

OANDAは、1通貨からトレードができるので、超少額からトレードしたい初心者の方にオススメです。

71通貨ペアの取引ができ、プロも使っている取引ツール【MT5】【MT4】が使える会社なので、本格的にトレードしたい方にオススメ!

特徴を簡単に解説
  • 最大71通貨ペアの取引が可能
  • 最低取引単位【1通貨】
  • 手数料【0円】
  • MT5・MT4が使える
  • オーダーブックが見れる
  • 会場・オンラインセミナーがある
  • 情報開示で透明性がある
  • マーケット分析ツールが豊富
  • スキャルピング △

以下の記事では、OANDAの特徴と評判について詳しく解説していきます。

\ オーダーブックが見れる /

目次

OANDAとは

OANDAは、2004年に設立された会社です。

OANDAは世界8か国に拠点を置いているので、その情報網を生かした情報を提供しています。

また、OANDA独自の情報提供サービス【OANDAラボ】のサービスを提供していて、特に【オープンオーダー】は、人気のツールです。

OANDAは、真剣にFXがうまくなりたい方が欲しいツール等を多く提供しているので、FXをするための環境が整っています。

OANDA【7つの特徴】

<img width=
  • 最大71通貨ペアの取引が可能
  • 最低取引単位【1通貨】
  • 手数料【0円】
  • MT4が使える
  • 会場・オンラインセミナーがある
  • 情報開示で透明性がある
  • マーケット分析ツールが豊富

以下で詳しく解説していきます。

最大71通貨ペアの取引が可能

OANDAなら最大71通貨ペアの取引が可能です。(NYサーバーの開設の必要あり)

国内でトップクラスの豊富な通貨ペアなので「やりたい通貨ペアがない」というストレスがありません。

東京サーバーの場合は、以下の28通貨の取引が可能です。

スクロールできます
USD/JPY
米ドル/円
EUR/JPY
ユーロ/円
GBP/JPY
英ポンド/円
AUD/JPY
豪ドル/円
NZD/JPY
NZドル/円
CAD/JPY
加ドル/円
CHF/JPY
スイスフラン/円
TRY/JPY
トルコリラ/円
ZAR/JPY
南アフリカランド/円
EUR/USD
ユーロ/米ドル
AUD/USD
豪ドル/米ドル
GBP/USD
英ポンド/米ドル
NZD/USD
NZドル/米ドル
EUR/GBP
ユーロ/英ポンド
AUD/CAD
豪ドル/加ドル
AUD/CHF
豪ドル/スイスフラン
AUD/NZD
豪ドル/NZドル
EUR/AUD
ユーロ/豪ドル
EUR/CAD
ユーロ/加ドル
EUR/CHF
ユーロ/スイスフラン
GBP/AUD
ポンド/豪ドル
GBP/CHF
ポンド/スイスフラン
USD/CHF
米ドル/スイスフラン
USD/CAD
米ドル/加ドル
GBP/CAD
ポンド/加ドル
GBP/NZD
ポンド/NZドル
USD/TRY
米ドル/トルコリラ
USD/ZAR
米ドル/南アフリカランド

NYサーバーは、取引通貨ペアの量が多いですが、スプレッドが東京サーバーよりも若干広いというデメリットがあります。

なので、自分がやりたい通貨ペアが東京サーバーにあれば、東京サーバーで開設することをオススメします。

最低取引単位【1通貨】

OANDAの取引ツール【fx trade】なら、ベーシック・プロコース共に1通貨からトレードが可能です。

なので、少額からトレードをしたい方は、【fx trade】の取引ツールを使いましょう!

MT4の場合は、使うサーバーによって最低取引単位が1000通貨~1万通貨と違います。

手数料【0円】

  • 取引手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 入出金手数料(ダイレクト入金のみ)

OANDAでは、上記の手数料が【無料】です!

MT4が使える

OANDAは、日本で有数の【MT4】で取引ができるFX会社です。

MT4とは、ロシアのMetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)社が開発・提供する取引ツールです。世界中の多くのプロトレーダーが使っています。

MT4の特徴として、【インディケーターが豊富】【カスタマイズ・チャート分析が簡単】【自作のインディケーターが使用可能】です。

会場・オンラインセミナーがある

OANDAでは、会場・オンラインセミナーを定期的に開催しています。

また、トレードツールの使い方など、YouTubeチャンネルで詳しく解説してあるので、誰でも簡単に取引を開始することができます。

情報開示で透明性がある

OANDAでは、【約定スピード】・【スリッページの発生状況】のデータを毎週開示して、取引ツールの機能改善に努めています。

なので、他社に比べて情報に透明性があります。

マーケット分析ツールが豊富

  • オーダーブック
  • 未決済のポジション比率
  • 通貨の強弱チャート
  • 相関性チェックツール
  • 窓埋め戦略
  • 通貨別強弱グラフ
  • 株価指数変化率
  • Value at Risk計算ツール
  • Value at Riskを用いた変動幅予測チャート
  • ボラティリティ確認ツール
  • 市場開始レンジ戦略
  • 値動き比較チャート

OANDAが提供している取引分析ツールは、12種類と豊富です!

特に、OANDAの【オーダーブック】が見れるサービスは、多くのトレーダーに好評です。

\ オーダーブックが見れる /

OANDAの取引ツール

<img width=
  • MT4
  • MT5
  • OANDA fx trade

OANDAで使える取引ツールは、上記の3つです。

MT4

MT4は、世界中のプロトレーダーが多数愛用しているトレードツールです。

MT4の特徴
  • チャートのカスタマイズが自由
  • インディケーターが豊富
  • 自作のインディケーターが使える
  • 自動売買ができる
  • 慣れるとかなり使いやすい

このように、自分がやりたいチャート設定が可能になる取引ツールです。

MT4の標準搭載インジケーター40種類以上・【オアンダラボ】オリジナルインジケーターが50種類以上+自作インディケーターの使用が可能です!

MT5

OANDAでは、2020年1月にMT5を正式リリースしました。(MT5はMT4の進化バージョン)

MT5はMT4と比べて、32ビット⇒64ビットに仕様変更で、動作スピードが軽くなったほか、チャートの時間軸が9種類⇒21種類になったりとMT4よりも性能がアップしました。

なので、最近ではMT4からMT5に移行する人が増えています。

OANDA fx trade

TradingViewチャートを使うことが出来るため、かなり使いやすく取引が可能です。

Web版fxTradeのインジケーターは、80種類以上が標準装備されていて、描画ツールも50種類以上装備されています。

なので、細かいチャート分析が可能です。

モバイルアプリも用意されていて、【オアンダオーダーブック】【約50種類のインジケーター】が標準装備されています。なので、外出先でパソコンを使えなくても、本格的なチャート分析が可能です。

OANDAの各サーバーの特徴

<img width=
スクロールできます
通貨ペア 最低取引単位 最大発注数量 スプレッド比較(米ドル/円 ) 自動売買
東京サーバー
(MT4)
28通貨1万通貨100万通貨0.3銭
ニューヨークサーバー
(ベーシックMT4)
71通貨ペア1000通貨25万通貨0.4銭
ニューヨークサーバー
(プロコース MT4)
71通貨ペア1000通貨300万通貨0.8銭
fx trade
(ベーシック)
71通貨ペア1通貨25万通貨0.4銭
fx trade
(プロ )
71通貨ペア1通貨300万通貨0.8銭

OANDAのサーバー・コースの比較は、上記の通りです。

少額からトレードしたい方・初心者の方は、1通貨からトレードができる【fx trade ベーシックコース】がオススメです。

OANDAの3つのメリット・オススメな人

<img width=
  • 【条件なし】オーダーブックが見れる
  • 通貨ペア数が国内トップクラス
  • 取引ツールが豊富・チャート分析がしやすい

以下で詳しく解説していきます。

【条件なし】オーダーブックが見れる

  • OANDA Japanの公式サイト「OANDA FX ラボ」
  • MT4・MT5のインジケーター
  • fxTrade

オーダーブックは、上記の方法でみることができます。

公式サイトのOANDA FX ラボでは、誰でも【無料】でWeb版オーダーブックを見ることができます。

今までは、MT4のオープンオーダーを使うのに【20万円の残高】+【10万通貨以上の取引】という条件がありました。しかしながら、今はOANDAの口座を持っているすべての人が【スタンダード版】を使うことができます。

通貨ペア数が国内トップクラス

通貨ペアの種類が【71通貨】と国内トップクラスに多いです。

なので、やりたい通貨ペアがないというストレスがほとんどありません。

国内のFX会社は多くて、50通貨ペアぐらいで、平均的に20~30通貨ペアです。

取引ツールが豊富・チャート分析がしやすい

  • MT5
  • MT4
  • fx trade【Trade View】

取引ツールは、上記の3種類あります。

チャート分析がしやすい、【MT5】【MT4】があったり、プロもチャート分析用に使用しているTrade Viewのチャートが使える【fx trade】が使えるので、他社の取引ツールよりも優れています!

\ オーダーブックが見れる /

OANDAの3つのデメリット・オススメじゃない人

<img width=
  • 初回最低入金額が決まっている
  • 選ぶコースでスプレッドが広い
  • キャンペーンが微妙

以下で詳しく解説していきます。

初回最低入金額が決まっている

  • 【ベーシックコース】【東京サーバー】⇒10万円以上の入金
  • 【プロコース】⇒20万円以上の入金

OANDAでは、上記のように初回最低入金額が決まっているため、少額からトレードを開始したい方にはおすすめできません。

少額からトレードしたい場合は、1通貨からトレードができる【松井証券 FX】がおすすめです。

選ぶコースでスプレッドが違う

OANDAはドル円のスプレッドが、【東京サーバー】0.3銭ですが、【ニューヨークサーバー】のプロコースはスプレッドが0.8銭と広いです。

なので、やりたい通貨があれば、スプレッドが狭い【東京サーバー】がオススメです。

しかしながら、東京サーバーは1万通貨からの取引なので、少額からMT4で取引したい方は、【FXTF】がおすすめです。

キャンペーンが微妙

OANDAのキャンペーンは、インディケーターのプレゼントがメインなので、他社のように口座開設キャンペーンのキャッシュバックが魅力だとか、取引数量に応じて食品がもらえたりするなどのことがありません!

もし、お得に取引をしたいなら、ヒロセ通商がおすすめ!

ヒロセ通商は、取引数量に応じてオリジナル食品・商品を毎月プレゼントしています⇓

OANDAの評判・口コミ

<img width=

OANDAの評判・口コミについて以下で詳しく解説していきます。

良い評判・口コミ

OANDAの特色は1通貨単位から取引できる点、オープンオーダーというツールで市場での未約定のポジション状況が見れるという点です。FXを始めたばかりの方には分からないことが多いでしょうが、市場にどのようなオーダーがどれくらいの量出ているのかという情報は他の業者では知ることができません。

引用:価格.com 40代女性

アプリはPC用も携帯用も非常に良い。PC用はMT4と同じなので使い勝手は説明するまでもないでしょう。携帯アプリも秀逸だと思うのは私だけですかね?通貨価格を記入しなくても、チャート表をなぞるだけで指値を指定できます。指値予約は勿論のこと、注文中でも指値、逆指値も簡単に変更可能です。私の知る限りこのような入力ができるアプリを知りません。

引用:価格.com 50代男性

スワップポイントは他のFX会社に比べると悪いですが、取引ツールが充実しており短期売買にはとても良いです。1通貨から取引可能なので、練習するのにも良いです。特に、チャート上でストップロスのポイントをずらして変更したりできるのが気に入っています。また、Tradingviewと同じようなチャート分析ができるのも気に入っています。

引用:価格.com 40代男性

OANDAは、1通貨からトレードができ、取引ツールが使いやすいという評判が多いです。

また、オーダーブックを見ることができるので、トレードの参考になるという評判が多かったです。

悪い評判・口コミ

ニュースはちょっと見にくいかな もっと見やすかったらいいんですけど

引用:価格.com 30代男性

当初他のFX会社で使われているものと用語がちょっと違うので戸惑うことがありました。
取引番号がチケット番号、となっていたり、英語の表記が多かったりなどです。

引用:価格.com 50代女性

ニュースが少し見にくいという評判が多かったです。

また、他社からOANDAに乗り換えた人は、最初の頃は、MT4の使い方に戸惑うという口コミが多かったです。

OANDAの口座開設方法

<img width=
  1. 口座開設フォームを入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 審査
  4. 口座開設

OANDAの口座開設の流れは上記の通りです。

口座開設の日数は、【オンライン本人認証】の場合には最短当日でトレードができます。

※それ以外の方法の場合は、【最短翌日】からトレードが開始できます。

\ オーダーブックが見れる /

口座開設に必要な物

  • マイナンバー付き住民票を提出の方は免許証
  • 個人番号カード(表と裏)
  • 通知カードをご提出の方は免許証

オンライン本人認証の場合は、上記の組み合わせになります。

  • マイナンバー付き住民票を提出の方は本人確認書類または補完書類(どちらか1点)
  • 個人番号カードを提出の方は本人確認書類または補完書類(どちらか1点)
  • 通知カードをご提出の方は本人確認書類を2点または本人確認書類1点と補完書類1点になります。

アップロード・郵送の場合は、上記の組み合わせになります。

本人確認書類

  • 運転免許証・運転経歴証明書 (変更内容の記載がある場合は裏面も必要)
  • 保険証 (国民健康保険・健康保険・船員保険・介護保険・後期高齢者医療保険)
  • パスポート ※名前、生年月日、現住所が確認できるすべてのページが必要(2020年2月4日以降に申請したパスポートは、「所持人記入欄」がないため受理できません。)
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 住民票のコピー
  • 印鑑登録証明書のコピー
  • 身体障害者手帳
  • 個人番号カード(写真付きのカードタイプのマイナンバーカード)

本人確認書類は、上記の1~2つ必要です。

補完書類

  • 公共料金(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか)の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書または納税証明書

補完書類は、上記の通りです。

マイナンバー書類

  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • マイナンバー付き住民票

マイナンバー書類は、上記の中の1つ必要です。

本人確認書類送付方法

  • オンライン本人認証
  • アップロード
  • 郵送

OANDAの本人確認書類送付方法は、上記の3パターンです。

まとめ:OANDAはプロと同じ取引環境が整っている

<img width=
  • 最大71通貨ペアの取引が可能
  • 最低取引単位【1通貨】
  • 手数料【0円】
  • MT5・MT4が使える
  • オーダーブックが見れる
  • 会場・オンラインセミナーがある
  • 情報開示で透明性がある
  • マーケット分析ツールが豊富
  • スキャルピング △

OANDAの特徴は、上記の通りです。

OANDAは、1通貨からトレードができるので、超少額からトレードしたい初心者の方におすすめです!

また、プロも使っている取引ツール【MT5】【MT4】で取引ができる点もおすすめのポイントです。

OANDAでは、【オーダーブック】が見れるので、トレードの参考になります。

他にもマーケット分析ツールをたくさん提供しているので、本格的にトレードをしたい方の分析の役に立ちます!

\ オーダーブックが見れる /

MT4が使えるおすすめのFX会社については、⇓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる