MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴10年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXのダイヤモンドフォーメーションの引き方・使い方を解説【天井圏・大底圏に現れやすい】

  • URLをコピーしました!

FXのダイヤモンドフォーメーションとは、どういう形のことを言うのだろう?見つけ方・使い方を知りたいな。

ダイヤモンドフォーメーションとは、チャートの形がひし形・少し崩れた平行四辺形の形をしているチャートパターンを言います。

主に、天井圏・大底圏に現れやすいチャートパターンです。

ダイヤモンドフォーメーションは、少し見つけにくいので、練習が必要です。

この記事では、ダイヤモンドフォーメーションの線の引き方・使い方について詳しく解説していきます。

おすすめのFX会社【3選】
目次

FXのダイヤモンドフォーメーションとは

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションとは、チャートの形がひし形・少し崩れた平行四辺形の形をしているチャートパターンを言います。

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションが起きると、抜けた方向に大きく動くことが多いです。

主に、天井圏・大底圏に多く現れるチャートパターンです。

逆ペナント・ペナントが合わさった形をしているので、ペナントについての知識があると理解が深まります。

ダイヤモンドフォーメーション【見つけ方】

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションの見つけ方は、トレンドラインを引いて見つけるのが、分かりやすいです。

  • 高値切り上げ・下値切り下げの形を見つける(逆ペナント)
  • 逆ペナント後、下値切り上げ・高値切り下げの形を見つける(ペナント)
<img width=

すべてが綺麗なひし形をしているわけではありませんが、どの形も同じ条件です。

ダイヤモンドフォーメーション【使い方・トレード戦略】

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションの使い方・トレード戦略について解説していきます。

【基本戦略】ラインブレイクした方についていく

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションは、ラインブレイクした方向にエントリーしていきます。

エントリーポイントは、抜けた後のトレンドラインで反発したところがおすすめです。

反発を確かめたところでエントリーすることにより、リスクリワードが良くなります。

ブレイクアウト手法については、↓の記事で詳しく解説しています。

利益確定ポイント

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションの利益確定ポイントは、ひし形の上限クロスと下限クロス間の長さと同じ場所に置きます。

  • 利食いポイント①:ひし形の右側のクロスしている所を下値にして、高値が利食いポイント
  • 利食いポイント②:ひし形の上限のクロスを下値にして、高値が利食いポイント

利食いポイントは、上記の2パターンがおすすめです。

※下抜けした場合の利食いポイントは、逆になります。

利食いポイントは目安なので、これ以上、上がることもありますし、届かない場合もあります。

損切りポイント

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションの損切りポイントは、ラインブレイク後に意識されているトレンドラインを抜いたら損切りをします。

損切りポイントが近くなればなるほど、1回のトレードのリスクリワードが良くなります。

ダイヤモンドフォーメーション【注意点・デメリット】

<img width=
  • ダマシも存在している
  • 形が慣れるまで練習が必要
  • ヘッドアンドショルダーと間違えやすい

FXのダイヤモンドフォーメーション注意点・デメリットは、上記の通りです。

詳しく解説しています。

ダマシも存在している

<img src=

FXのダイヤモンドフォーメーションには、ダマシも存在しているので、固執してしまうのは危険です!

形が崩れたら、すぐに損切りをする癖を付けましょう!

形が慣れるまで練習が必要

ダイヤモンドフォーメーションは、頻繁に出る形ではありません。

なので、ダイヤモンドフォーメーションに気が付くには、練習が必要です。

過去チャートで練習をしていけば、できるようになります。

ヘッドアンドショルダーと間違えやすい

<img src=

ダイヤモンドフォーメーションとヘッドアンドショルダーを間違える場合があります。

しかしながら、ヘッドアンドショルダーは、ネックラインでの動きになるので、下値を切り上げたらダイヤモンドフォーメーションの形になることはないので注意が必要です。

ヘッドアンドショルダーについては、↓の記事で詳しく解説しています。

まとめ:ダイヤモンドフォーメーションは天井圏・大底圏に現れやすい

<img width=

ダイヤモンドフォーメーションとは、チャートの形がひし形・少し崩れた平行四辺形の形をしているチャートパターンを言います。

この形は、天井圏・大底圏に現れやすい形です。

ダイヤモンドフォーメーションは、見つけるのが少し難しいので、ペナントを発見したら、この形を疑ってみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる