MENU
【10万口座突破】2021年人気口座
投資のカモ
【FX歴9年目 最高月間収益83万円】

大学生3年生の時にFXを始めました。(現在32歳)最近は、相場が動かない時間にフードデリバリーの配達員をして、運動不足解消をしています。
FX取引高世界1位

 

 

取引数量に応じてPayPayがもらえる
口座開設数80万口座以上
情報量重視の方におすすめ
1通貨から取引できる
スキャルピングしたい方におすすめ
自動売買におすすめ

FXの移動平均乖離率のおすすめ設定値・使い方を解説【逆張り手法に使える】

移動平均乖離率は、どういうオシレーターなんだろう?おすすめの設定値・使い方を知りたいな。

移動平均乖離(かいり)率は、チャートと移動平均線の差を数値化したものです。

【買われすぎ】【売られすぎ】の指標としてみられることが多いため、逆張り手法に使われることが多いです。

移動平均線と組み合わせて考えることによって、勝率が上がります。

また、1本のラインのみなので、初心者の方にもおすすめです。

以下の記事では、移動平均乖離率の設定値・使い方について詳しく解説していきます。

おすすめFX会社【3選】
目次

移動平均乖離率とは

<img width=

移動平均乖離(かいり)率とは、現在の価格と移動平均線の差を数値化したオシレーターです。

『移動平均線から離れた価格は、いずれ移動平均線に戻る』という考えが基準となって作られたオシレーターのため、【買われすぎ】【売られすぎ】の判断をすることができます。

そのため、逆張り手法を使う方に好まれて使われています。

移動平均乖離率の見方

移動平均乖離率の見方はシンプルで、基準となる【0ライン】よりも、上にあるなら【売り目線】・下にあるなら【買い目線】という見方をします。

0ラインよりも乖離率が離れれば離れるほど、逆方向への圧力が増していきます。

移動平均乖離率【おすすめ設定値】

<img width=

移動平均乖離率の数値は、【25】が一般的に使われています。

なぜならば、移動平均線の基本の設定が昔から【25】が使われているからです。

昔の考えでは、土曜日も相場が開いていたので、1ヶ月25日取引ができたので、【25】でもOKでした。

しかしながら、近年では、平日の5日間しか取引ができないため、5日×4週間=20日間が実際の1ヶ月間の取引日数です。

そのため、現在の相場に合わせるなら、【20】がおすすめです。

自分が使っている移動平均線の中期線の数値に合わせることにより、精度も上がります。

移動平均乖離率【使い方】

<img width=
  • 基本【逆張り】手法で使う
  • 0ラインよりも隔離率が上にある時【売り目線】
  • 0ラインよりも隔離率が下にある時【買い目線】
  • 0ラインよりも離れれば離れるほど逆方向圧力が強くなる
  • 隔離率の直近高値・安値付近で反転することが多い

移動平均乖離率は非常にシンプルなので、使う際に見る点は上記の5つしかありません。

また、他のオシレーターのようにダイバージェンスは存在しません。

利益確定にも使える

移動平均乖離率は、利益確定にも使えます。

例えば、移動平均乖離率が0ラインよりも離れていて、前回の安値付近だったので、ロングポジションを持ったら上がってきた場合の利益確定を【移動平均乖離率の0ラインに触れたら】というルールにすることができます。

移動平均乖離率は、元々【移動平均線に価格はいずれ戻る】という考えで作られているので、0ラインに触れる=移動平均線に価格が戻ったので、目的達成です。

移動平均線と一緒に考えることがおすすめ

移動平均乖離率は、移動平均線と価格との乖離について表すため、移動平均線の補佐をするオシレーターです。

そのため、移動平均線との相性は抜群にいいので、両方の特性を生かしながら相場の方向を考えていくべきです。

【注意】移動平均乖離率は暴落に弱い

<img width=

移動平均乖離率は、暴落などの急な価格の変動に弱いです。

そのため、移動平均乖離率の直近の高値・安値を抜いたら、すぐに損切りをしたほうがいいです。

<img width=

↑下落トレンド中に、移動平均乖離率の直近の安値を割ってさらに暴落。

<img width=

↑移動平均線の流れは悪くなかったが、下がりはじめたら、一気に10円以上の暴落をした。

一旦、移動平均乖離率の直近の安値を割ると、底が分かりにくいので注意が必要!

移動平均乖離率以外のおすすめオシレーター

<img width=
  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RCI

以下で詳しく解説していきます。

RSI

チャートから一定期間の変動幅を抜き出し、それを1本の線に表示するオシレーターのため、【買われすぎ】【売られすぎ】の判断基準として使われています。

1本の線を見て判断するため、シンプルで使いやすく多くのトレーダーに好まれています。

MACD

MACDとは、【MACDライン】と【シグナル】の2本の線を使って、トレンドの方向性・転換点を考える手法です。

MACDも世界的に有名なオシレーターの1つのため、多くのトレーダーが使っています。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、一定期間の変動幅と終値の関係から【買われすぎ】【売られすぎ】を判断するためのオシレーターです。

他のオシレーターよりも相場の初動をとらえやすいというメリットがある反面、ダマシが多いというデメリットがあります。

RCI

RCIは、時間と価格にそれぞれに順位をつけ、両者にどれだけの相関関係があるかを計算することにより【買われすぎ】【売られすぎ】を判断するための指標です。

【短期】【中期】【長期】3本の線で判断判断します。

世界的には、あまり有名ではありませんが、日本では近年人気が出てきました。

まとめ:乖離率は移動平均線の逆張りポイントを見つけるのにおすすめ!

<img width=

移動平均乖離率とは、『いずれ価格は移動平均線に戻る』という理論のもと、実際の価格と移動平均線の差を数値化したオシレーターです。

そのため、移動平均線との相性が良く、逆張り手法に使われることが多いです。

使い方もシンプルなので、FXを始めたばかりの初心者にも人気があるオシレーターです。

移動平均線乖離率は、ローソク足の形を見ながら考えると勝率が上がります。

その他のオシレーターは、↓の記事にまとめています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる